Jan 23, 2017

電池切れのLenovo YOGA Tablet 2 with windowsを修理

 Nexus7の代わりにリビングに置いていたLenovo YOGA Tablet 2 with windows、電池切れのまま放置された後で、全く立ち上がらなくなってしまった。このタブレットの電源インジケータは点滅で充電中、点灯で満充電を示す。アダプタを付けて数日待ったが点滅が続き、充電されていないようだ。こういう状況への対応策を検索してみた、

・電源ボタンの長押し (30秒もしくは数分)
・電源ボタンと音量(+)を長押しし、UEFIメニューに入る

 この二法を試すがダメ。一度バッテリを外して、完全に電源を断つことで回復した、との記事を見つけた。

(セゴ)ろぐ 2016/04/09 ★LENOVO YOGA TABLET2 起動せず・・・ 

伊東制作所ブログ 2015/08/30公開 (2016/10/21更新)タブレットの電源が入らない!ASUS MeMO Padを強引に蘇生させた方法

 以前、同じ症状を来したLenovo Miix 2 8を、電池の取り外し、再接続で復活させた経験がある。YOGA tablet 2もこの方法で直るかもしれない。早速試してみた。

» Continue reading

Jan 18, 2017

モバイルルータをAterm MR04LNに買い替えた

P1176143r


 LTEモデムを内蔵したWindowsタブレットはごく限られる。Surface 3などはその代表格だが、完成度が高くないようだ。圏外から復帰しなくなった、とか、APNが消えるなど、不具合をよく耳にする。どうもsmartphone向けのSoCやOSと同水準を期待できそうにない。LTE内蔵にこだわって不安定なハードを掴むのも難なので、モバイルルータを併用することにした。

 これまで使っていたのが、Huawei E5377。起動がはやく、小さいのも良いのだが電池のもちが良くない。スタンバイ状態でも結構な早さで電池が減っていくので。タブレットを使い終わったら、忘れずにルータの電源を落とす必要があった。面倒ではあるが、WiMAXのUroad7000以来、何台も使った経験から、モバイルルータなんてそんなもんだろう、と思っていた。

Huawei E5377s-327
LTE:1/ 3/ 5/ 7/ 8/ 19/ 20
UMTS:1/ 2/ 5/ 8/ 19
HxWxD: 57.1 x 93.5 x 14.4 mm
重量: 82 g
連続通信時間: 最長約6時間


 今回NECのAterm MR04LNを買ってみた。E5377のバッテリが1,500mAhなのに対し、MR04LNは2,300mAhと5割増だ。電池の保ちもそれくらいを想定していたが、MR04LNは省電力機能が充実しており、E5377に比べて数倍電池が保つように感じる。ルータはWiFi接続が切るとほどなく休止状態に落ちる。休止状態ではほとんど電池が減らない。意識して電源を落とさないと、何もしていないのに電池がなくなっている、ということがない。

 休止状態からの復帰はsmartphoneの専用アプリで遠隔操作ができる。PCからはBluetoothで接続要求を飛ばせば復帰する。回線接続まで多少時間はかかるが、ルータに触れる必要もないのが良い。


NEC Aterm MR04LN
LTE: 1/ 3/ 8/ 11/ 17/ 18 / 19/ 21
UMTS: 1/ 5/ 6/ 9/ 19
外形寸法: 約63(W) × 111(D) × 11(H)mm
質量: 約111g(本体のみ)
連続通信時間: Wi-Fiテザリング時 約12時間

 
 僕の使い方だとカバンに入れっぱなしでも数日は問題ない。特に充電に気を遣わなくても、使いたい時に使えるのが快適である。久方に気が利いているな、と思える製品だった。


NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】
NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】

Nov 08, 2016

NISSAN ノート e-power試乗、Sモードを是非試すべき

 電気自動車を自称する、日産ノート e-powerを試乗してきた。

Car watch; 日産、「ノート」一部改良で燃費37.2km/Lの「e-POWER」追加(2016年11月2日 10:00)

 このクルマは駆動力の全てをモータでまかなっている。モータはリーフと共通で最高出力80kW、最大トルクは254Nmと大トルクのもの。電気自動車並みの出足が期待できる。一方バッテリーの容量は1.5kWと少なく、ハイブリッド車並みだ。外部電源からの充電には対応しない。言い換えれば充電が不要なので自宅に充電スタンドは必要ない。集合住宅住まいにはメリットである。近所のディーラーに試乗車があったので、早速試してみた。

トルクフルでスムーズな加速

アクセルペダル操作での車速管理が自在な「e-POWER Drive」 Sモード

クルーズコントロールなし、高速走行は割り切っている?

» Continue reading

Oct 28, 2016

タブレットは最低でも10インチが必要 (6年遅れ)

 タブレットらしいアプリに最低限必要なサイズは10インチであり、「7インチのタブレットは最初から死んでいる」と、 と、かつてSteve Jobs氏が決めつけたのは正しかったなー、と今になって思う。小さいタブレットは何かと使いにくいからだ。

クラウドwatch; 「7インチタブレットは最初から失敗」「Androidは断片化」 Jobs節が炸裂(2010/10/25 10:22)

 YOGA tablet2 with windowsは8.0インチ1,920x1,200ピクセルの液晶ディスプレイを内蔵している。縦横比は16:10で、ノートPCで一般的な16:9と比べれば短辺側に余裕があるが、それでも短辺側が短すぎる。横に使うと仮想キーボードが画面を覆い尽くしてしまう。

 YOGA tablet2はスタンドと一体化したバッテリーが特徴で、横使いを求めるデザインである。横にすると仮想キーボードが邪魔なので外付けキーボードを追加した。また画面が狭いため、タッチでの操作が困難である。マウスが必要となる。

結果こうなった。
Pa176115r

YOGA tablet2-851F 426g
Wedge Mobile Keyboard Bluetooth U7R-00001 457g(実測、内スタンドカバー203g)
Microsoft Wedge Touch Mouse 65g(実測)

 合計948g、ほぼ1kgだ。単体で使いにくいがゆえ、あれこれ繋いでようやく使っているだけで、要するにガジェットマニアのオモチャでしかない。

 8インチwindowsタブレットはそれ単体では使いづらいと考えるのは私だけではないようで、同じような構成で使い始めたが、しっくりこないとしていたが、トラックパッド付きキーボードケースと一体化させたことで、利便性が段違いに良くなったと評されている方がいた。

Lenovo『ThinkPad 8』レビュー - どれ程の必要が。(2015-11-07)
Lenovo『ThinkPad 8』再レビュー - どれ程の必要が。(2016-07-10)

 使いたい時にサッと使えるかどうかが評価の違いにつながるのだろう。8インチwindowsタブレットは実用の限界を下回るサイズと感じる。


ディスプレイの縦横比による仮想キーボードの使い勝手のちがい

12インチもあれば仮想キーボードが邪魔にならない

» Continue reading

Oct 16, 2016

ATOMはともかく、eMMCはあかん

 intel Core m3ベースのhp Pavilion x2 12、ATOMベースのLenovo YOGA tablet2と比べものにならないくらい早い。

Lenovo YOGA tablet2 with windows 8インチモデルは、Atom第2世代、Silvermont マイクロアーキテクチャのBay Trail refresh SOC、Intel Atom Processor Z3745(1.33GHz/ burst 1.6GHz))で、このプロセッサのPassMark CPUベンチマークのスコアは1,071である。

hp Pavilion x2 12は、Skylakeマイクロアーキテクチャのintel 第6世代Coreプロセッサ、intel Core m3-6Y30(900MHz/turbo 2.2GHz)が採用されており、同ベンチマークのスコアは3,056である。

 CPUのパフォーマンスは3倍弱あるが、体感速度はそれ以上と感じる。そこでブートドライブのベンチマークをとってみた。

Diskmark_yoga2_emmcDiskmark_pavilionx2_ssd
YOGA tablet2 SanDisk SEM32G eMMC Pavilion x2 SAMSUNG MZNTY128HDHP SerialATA6.0Gbps M.2

 左がストレージインタフェイスがeMMCのYOGA tablet2、 右がM.2のPavilion x2のスコアだ。シーケンシャルリードは2.5倍ほどだが、ランダムリードで12倍超の差が付いている。Windowsの体感速度はディスクの早さで決まると思っているので、これを見て納得できた。


Atom採用タブレットのハイエンドといえばSurface 3

ディスクの早さが快適性の決め手

» Continue reading

Oct 15, 2016

12インチwindowsタブレットは、アリ

 windowsタブレットはできないことが少なくて便利と感じている。今年の春に8インチwindowsタブレットを購入したところ、iPad miniをさっぱり使わなくなってしまった。自宅のリビングに置いていたNexus7も放置されて久しい。iPadやAndroidタブレットでは、PCで簡単にできることがやけに遠回りになることがあるからだ。

遊手好閑; 安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった(Apr 03, 2016)

PC watch; 市販の鉛筆でも操作できる「YOGA Tablet 2 with Windows」(2015/3/3 12:36)


8インチワイド(16:9)は狭い

10インチ超のタブレットは大きすぎるのでは?

hp Pavilion X2を試す

Surface pro 4と比べて


» Continue reading

Apr 03, 2016

安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった

Img_0011r

 買ったのはLenovo YOGA Tablet 2-8 with Windows、CPUはBay Trail世代のAtom Z3745でメインメモリ2GB, フラッシュメモリ32GBとこの手のタブレットでは標準的な内容だ。

PC watch; 【西川和久の不定期コラム】レノボ・ジャパン「YOGA Tablet 2-8 with Windows」(2015/4/28)

 8型の液晶画面はIPSで解像度は1,920×1,200ピクセル。タブレットにワイド画面は有り難くないが、解像度が高く文字の潰れが目立たないのは良い。視野角も十分である。


IT media; “Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める(2015年06月21日)

 プロセッサまわりはさすがに厳しく、core i3と比べるとベンチマークのスコアは57%程度でしかない。プリインストールのwindows 8.1 with Bingでも、アップグレードしたwindows10でも、ギリギリ使えるが快適とは言いがたい。ただ、新品でも3万円弱、僕が買ったものはMicrosoft Office Home & Business 2013が抜き取られて1万円半ばだったので、納得いく範囲だ。(逆に、LTEモデム内蔵とはいえ、YOGA2の5割増し程度の性能しかないSurface 3に8万円はないわ)

第一段階; iPad miniとガラケーから、iPad miniとAndroidスマホに変更

第二段階; iPad miniとsmartphoneから、Windows tabletとsmartphoneに変更

スマホと同じ事しかできないタブレットに未来はない
 

» Continue reading

Mar 06, 2016

ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした

 二年前に機種変更したガラケーが、二年縛り満了と割賦支払い終了を迎えた。前のクルマのハンズフリーにBluetoothで接続してたNokia NM705iの調子が悪くなって、姿を消しつつあったBluetooth対応のガラケーに機種変更したのだが、結果的には失敗だった。ここで二年契約を更新していなければ、もっと早く「みおふぉん」に一本化できたのだ。

遊手徒食; (たぶん)最後のガラケー、F-01Eに機種変更(Mar 02, 2014)

・多機能だが洗練されていない「ガラケー」
・2014年春、MVNOが音声通話サービスを開始
・2015年冬、キャッシュバックや「実質0円」が禁止に
・遂にケータイキャリアと手を切った

» Continue reading

Mar 05, 2016

グローバル版Nexus5Xも日本のSIMを入れるとシャッター音が消せなくなる件

P3034550r

 日本のSIMでアクティベートするとカメラのシャッター音を消せなくなるという話を聞いて、香港CSLのSIMで初期設定してみた。

UIは繁体中国語になる。初期設定中は言語を切り替える術がないのでけっこう大変だ。セットアップを終えて、香港のSIMでは着信音をオフにしたら、シャッター音が消えることを確認した。

 ここでSIMを交換し、IIJmioのドコモSIMに入れ替えたらシャッター音を消せなくなった。CSLのSIMに戻したら消音できる。
つまり挿入するSIMによって強制的に音を出すか否かを判定しているようだ。

 海外で買った端末なのにと、理不尽を感じるが、日本で同等品が販売されているとこういうことがある。強制的に鳴るシャッター音も煩わしいが、Androidの標準カメラアプリは 低機能で露出補正もできないので、常用するのは辛い。カメラアプリを変更した。

Camera FV-5(Android)(デジカメwatch)

高機能だがレスポンスがいまいち。

 ことカメラに関しては、Lumiaの方がよくできているなと感じた。あちらの標準カメラアプリは露出補正はもちろん、シャッタースピードからWBまで簡単に操作できる。もうちょっとwindows 10 mobileのアプリが充実してきたら、カメラやSoCにコストをかけたLumiaの上位機種に乗り換えてもいいかもなあ。

Mar 01, 2016

SIMフリー版Nexus 5Xが安い

 日本向けに営業している海外の通販ショップ、"Expansys"でNexsus 5Xが手頃な値段になっている。3/1時点で32GB版が送料込みで40,355円だ。(通関時に別途消費税がかかる。)日本のGoogle Storeで販売されているのと同じ、グローバル版SIMフリーのLG-H791である。

Expansys_nexus5x_20160301
Google Nexus 5X LG-H791 (SIMフリー, 32GB, Carbon Black)キャンペーン & スペシャルオファー - EXPANSYS 日本

» Continue reading

«車載用のiPhoneを買い替えた

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ