« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004 posts

Apr 30, 2004

桜の季節が終わって

PICT0388r
 桜の季節が終わって撮影ペースがガックリ落ちました。
初期不良交換をしてから20枚程度しか撮っていません。
このところちょいと忙しくてどこにも出かけていないってのがありますが。
HDDレコーダに録っているTV番組も、溜まる一方、消される一方で消化できていません。かといって、HDDを増設したりDVDレコに買い替えたりしたところで、消化できないのは一緒なんだよなあ。

とりあえず、きのう放送されていた、WRCの番組を消化。BSでやっている「ちゅらさん」の全話再放送は、自動録画で1週間分バッファされているものの、追いつきません…

Apr 20, 2004

エニーミュージック

 PCなしで利用する音楽ダウンロードサービスが近くはじまり、対応オーディオシステムが発売されるそうです。
オーディオセットにethernetポートを内蔵しており、インターネット経由で楽曲をダウンロードします。同種のオーディオセットであるこちらには、「PC不要の音楽ダウンロードサービス」と紹介されています。

PC不要なのに、ダウンロードするための「ブロードバンド環境」は必要になります。
これは誰に売りたい商品なのか、私には全くわかりません…

 ネットワークの音楽配信は専用機でやらせて、PCを排除したいという考えは伝わってきますけど、ADSLなり光なりを引いて、それなりにPCを活用しているユーザーに対して、「音楽配信を受けたいならば、専用機を買いなさいよ」と高価なばかりか使い勝手が劣るであろう専用機を押しつけるという企画自体に無理があるような。
iTunesとiPodが市場に出てから2年も以上も経っているのに、何でこんな商品が出てくるのかしみじみ不思議です。

Apr 18, 2004

古い急速充電器

 ニッケル水素電池の容量は相変わらず伸びています。2,000mAh程度で打ち止めと思いきや、この春のpanasonic製品では2,400mAhに達しています。素晴らしい。

 ところで、充電器は新しいものに買い替えていますか?

 1,700mAh程度の小容量のNi-MH充電池と同梱されて販売されている急速充電器の中には、2,000mAh以上のバッテリに対応していないと明記されているものがあります。

ソフマップ名古屋駅店の開店時に1,980円で特売されていた充電池4本とのセットがこうしたものでした。

 過充電による事故を防止するために、満充電に達していなくても一定時間が経過したらタイマーで充電を打ち切ってしまう充電器があります。これでは、大容量充電池を満充電まで充電することができません。
私の手元にある充電器も、この類いのようです。1,500mAhでも2,100mAhでも2時間30分強で充電ランプが消灯します。2,100が満充電になっているとは思えません。
このまま継続使用すると、浅い充放電を繰り返すこととなり、電池の寿命に悪影響を与えることになるでしょう。

 充電器なんてのはそうそう壊れるものではないだけに、メーカーはある充電器でどの容量まで対応できるか、告知してもらいたいものです。日本のメーカーは、過去の商品を忘れるのが早すぎます。

Apr 17, 2004

X20初期不良交換

PICT0375
 Dimage X20の初期不良交換に行ってきました。
後継機のX21が既に店頭に並んでおり、X20の在庫は販売店にはないとのことで、メーカーから在庫を取り寄せほぼ1週間で代替機が到着しました。今度のはトラブルが起きないといいのですが。
 毎年、桜の季節が終ると、撮影枚数の尻すぼみになるのが通例なのですが、今年はどうかな。今年も例年通りになるかもしれず。

 いちおう、撮影はしてみましたが、とりあえず気になる点はありませんでした。
上の写真は近所の神社の桃の花を撮ってきました。花の時期は終りかけているのでマクロの被写体としてイマイチ。引いてとるとX20の得意分野を外れてイマイチ。夕方遅くの、明暗さが激しい時間帯を狙ってみたところ、ダイナミックレンジの狭さがストレートに出てイマイチ。
高画素化に伴う画素ピッチの縮小がここ数年止めどもなく進んでいます。DiMAGE X20は1/3.2inch 200万画素と、それでも比較的マシな方ではあるのですが、社殿に露出を合わせると、空は真っ白に飛んでしまっており、ダイナミックレンジの狭さが目立ちます。ダイナミックレンジと階調表現に関しては、以前使っていた1/3inch 109万画素のDC-210Aの方が良好だったように感じます。

暖かくなるとうるさくなるPC

 暖かくなると、うるさくなるのです。私のPC。
電源に内蔵されたファンが温度によって回転数を変えるタイプなので、気温があがってくるとてきめんにうるさくなります。CPUファンやケースファンなど、ほとんどのファンを80mmに交換してありますが、ケースに若干問題があります。
最近のケースでは、ATXブラケットの上に60mmから80mmのファンがついているのが当たり前ですが、これがないのです。ケース背面の排気口が、電源の排気口しかありません。
つまり、ケース内の熱源で温められた空気は、全て電源を通過するため電源の温度が速やかに上昇し、ファンの回転数も速やかに上がります。

解決策はふたつ。
1,ATXブラケットの上に穴を空けてファンを設置
2.通風の良いケースを買い替え

設置場所の関係でデスクトップケースが良いのですが、この手のケースは絶滅しかかっています。販売店のページでは、8品種しかありません。そのうちひとつは、私が使っている5年以上前のケースに前述の1の加工を施したものです…

 板金加工をやるのも面倒なので、2,の買い替えを考えています。選択肢の多いミドルタワーで検討していますが、PCのケースって、買いたくなるようなデザインのものがありません。ちょっと凝ったデザインでも、ドライブを入れるととたんに破綻しそうなものが多いように感じます。前面扉がついているものもありますが、今ひとつ。
どうしようかなあ。

Apr 10, 2004

画素欠陥を見つけた

fault.png
 これまでデジタルズームを無効にして使ってきたのですが、都合で使用したところ、画像に黒い四角形が写り込むことに気付きました。デジタルズームは、CCDの中央付近の画像を引き伸ばして大きな画像にするものです。そこに写り込むということは、画素欠陥があるのは、画面のど真ん中…。
 これまで撮った画像を確認したところ、3/24撮影分以降、全部の画像に点が入っていました。

 販売店に連絡してみたところ、交換ということになるようです。
いやあ、参ったなあ。

 画像は、4/6に上げたもののオリジナルデータを元に、中央付近を4倍に拡大したものです。

Apr 09, 2004

x20でどんどん撮る

PICT0297

 今年の桜もそろそろ終りということで、川面を流れる花びらを狙ってみました。
花筏ともいいますが、こう呼ぶと風流ですなあ。
 流れる花びらが線になるように、シャッタースピードを落とす必要がありましが。、シャッタースピードを直接操作できないので、ISO感度を一杯まで落とした上で薄暮を狙ったのですが、なかなか思うに任せません。まだ明るいとシャッタースピードが落ちず点になってしまい、ある程度暗くなると今度はAFが測距できなくなってしまうため、今度はボケボケに。
 明るい時間帯に1段プラス補正をかけて、NDフィルターで減光してやればどうにか撮れそうですが、そこまでやるのもどうかと思います。ちょっと凝ったことをやろうとなると、コンパクトは制限が大きいなあ。とはいえ、デジ一眼はいろいろな面で手が出ませんし。

Apr 08, 2004

X20が不得意な被写体

PICT0165
遠景に弱い例をもうひとつ紹介しましょう。リンク先にリサイズなしのファイルを上げました。ファイルサイズを減らすために再圧縮がしていあります。
画面内の被写体の明るさが極端に違う場合の描写を見てみるために撮ったものなのですが、奥のビルの細部はほとんど表現されていません。このへんはちょっと辛いところ。

Apr 07, 2004

向いていない被写体

PICT0213

 これまでいくつか上げたように、X20はマクロや近距離の被写体は綺麗に写るのですが、遠距離の細かい描写は苦手です。類似した光学系をもつ上位機のxtやxgでの写り具合などから見るに、このシリーズの屈曲光学系は遠距離での描画がそもそも苦手のようです。DiMAGE Xシリーズはズーム全域でマクロが可能で、メーカー自身それがxシリーズのこだわりであると言及しています。世間のマクロレンズは、一般的に無限遠での描写が甘い傾向があるように、DiMAGE Xシリーズの光学系も、無限遠の描写を割り切って、近距離から中距離での描写を重視しているのかもしれません。またx20は光学系に加え画素数が200万画素と上位機種の2/3となっており、特に遠景では細部が潰れがちです。桜など小さな花がたくさん咲いているような高い周波数成分を含む被写体を、少し引いたところから取ると、花のまわりがひと塊になってしまいます。また、周辺減光がかなりあり、空を撮るとその影響が顕著に現れます。
 こうした点はもうすこし頑張ってもらいところ。
 しかし、フィルム現像の手間なくどんどん撮れるのはいいですね。バッテリーもかなり保つようで、一度の充電で100枚以上撮影できています。

Apr 06, 2004

枝垂れ桜

PICT0216.jpg

 今年の桜もそろそろおわりのようで、場所によっては散り始めていますね。
散りゆく桜をどうにか綺麗に撮ってみたいのですが、なかなかうまくゆきません。

 これは少し引いてみました。ズームが望遠よりになっており、35mm換算で85mmということですから、被写体からは少しはなれています。これぐらいなら背景もある程度ボケてくれます。

撮影場所:木曽川堤

Apr 05, 2004

ADSL復帰

 数ヶ月ぶりにADSLに戻しました。
 前に使っていたSo-netでは、市販モデムメニューが1.5Mbpsしかないため、8Mbpsから切替えるには手数料を支払って工事をしてもらう必要がありました。市販モデムを安価に入手できたので、モデムレンタル代を浮かすことができるかと思っていましたが、月500円程度浮かせる割に、面倒だわ、余分にお金がかかるわ、といったん棚上げになっていました。
 年明け前後からPCを使う機会が減っていたので、この機会にやってしまおうと12月末でADSL契約を解除、3月末に1.5Mbps市販モデムメニューでso-netに申し込もうとしたところ、市販モデムメニューが1月半ばで廃止されていました…
 accaのページを確認したところ、市販モデムを使えるプロバイダはほぼなくなっています。
TTYのpatioを利用している関係で、@Niftyに申し込もうとサポセンに電話を入れ、繋がるのを待つまでに料金表に目を通していたところ、小さな文字で

※ ADSLニュースタンダードコース(アッカ・ネットワークス、イー・アクセス、電力系NCC)の8/10M、およびADSLライトコース(イー・アクセス、電力系NCC(TOHKnet/STNet))に限り、ADSLモデムをご自身でご用意いただくことができます(モデムレスメニュー)。 この場合、ADSLモデムレンタル料は不要となります。

との記述を見つけ、モデムレスメニューで契約することができました。

 久々のADSLは、ちょっと信じがたいぐらい早く感じます。
ダイアルアップでは、ほとんど使わなくても、電話代とトータルでADSLと大差ないコストがかかり、二重のストレスを抱えていましたが、一気に解消して晴々しています。

« March 2004 | Main | May 2004 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ