« 枝垂れ桜 | Main | X20が不得意な被写体 »

Apr 07, 2004

向いていない被写体

PICT0213

 これまでいくつか上げたように、X20はマクロや近距離の被写体は綺麗に写るのですが、遠距離の細かい描写は苦手です。類似した光学系をもつ上位機のxtやxgでの写り具合などから見るに、このシリーズの屈曲光学系は遠距離での描画がそもそも苦手のようです。DiMAGE Xシリーズはズーム全域でマクロが可能で、メーカー自身それがxシリーズのこだわりであると言及しています。世間のマクロレンズは、一般的に無限遠での描写が甘い傾向があるように、DiMAGE Xシリーズの光学系も、無限遠の描写を割り切って、近距離から中距離での描写を重視しているのかもしれません。またx20は光学系に加え画素数が200万画素と上位機種の2/3となっており、特に遠景では細部が潰れがちです。桜など小さな花がたくさん咲いているような高い周波数成分を含む被写体を、少し引いたところから取ると、花のまわりがひと塊になってしまいます。また、周辺減光がかなりあり、空を撮るとその影響が顕著に現れます。
 こうした点はもうすこし頑張ってもらいところ。
 しかし、フィルム現像の手間なくどんどん撮れるのはいいですね。バッテリーもかなり保つようで、一度の充電で100枚以上撮影できています。

« 枝垂れ桜 | Main | X20が不得意な被写体 »

コンパクトデジカメ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

最後の一文に反応してしまいました。
もう100枚以上撮ってるんですか~。
ペース早いっすねえ。KONKONはまだ31枚です(^^;

購入後1ヶ月に満たないのに270枚超えています。
特にあちこち出かけているわけでもないのですが、撮影条件を変えて何枚か撮ってみることが多いので、撮影枚数は伸びますね。
持ち運びやすいのと、電池の保ちがいいのも撮影枚数を押し上げている要素でしょう。

The comments to this entry are closed.

« 枝垂れ桜 | Main | X20が不得意な被写体 »

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ