« iTunes | Main | RSSリーダ »

May 30, 2004

USBオーディオインタフェイス

 USBと繋がっていなくても動作する、USBオーディオインタフェイスが出ました。
 USBオーディオインタフェイスとは、USB経由でPCから音楽など音声データを受け取り、オンボードオーディオよりは良い品質でオーディオに渡すためのものですね。
この製品は、PCの電源が入っていなくても使えるというのが特徴のひとつ。入力信号もPCからのUSBに限らず、S/PDIFの光デジタル信号を、オーディオ用のアナログ信号に変換してくれます。いわゆるDAC、D/Aコンバータっすね、として使えるようです。
私は相変わらずノートのヘッドホン端子からアンプへ直結していますが、こうしたインタフェイスは出来が悪く、音が軽くて仕方がないので、こうしたデバイスがちょっと魅力。ただ、値段はけっこうしますね。最小容量のiPodの2/3か…

iTunesは早速4.5に入れ替えました。
losslessエンコードへの対応や、CDへの書き出し関係の機能強化がありましたが、私はたぶんこれらは使わないでしょう。シャッフル演奏の履歴と、これからかかる曲があらかじめ出てくるparty shuffleは、けっこういいかな。
iTunesには、その曲がどれぐらい好みかメモをしておくmy rating機能があります。シャッフル再生しているとき、流れた曲にratingをつけるのは少し面倒でしたが、履歴が残るのである程度やりやすくなります。

« iTunes | Main | RSSリーダ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ