« 電源をケースの外へ | Main | CPUファンを交換 »

Jul 12, 2004

コダックが帰って来た

 数年前日本のデジカメ市場から撤退した、コダックが帰って来ました。
コダック、3年ぶりにコンパクトデジカメに復帰
~本当の“再参入”は今年後半

今回の製品は、海外で既に販売している製品を、日本語化して持込んだだけで販売規模も限定的。日本市場向けのブランニューモデルの投入は今年の後半とのこと。

今回発表されたモデルは、小型プリンタとの連携による、プリントの簡単さを訴求したモデルで、あまり興味をそそられるものではありませんが、発表会では
「(これまでのデジタルカメラは)使いやすさよりも、デザインや大きさ、画素数が重要視されてきた」
「コダックが提供する新しいデジタルカメラの価値を、日本のユーザーに選択してもらいたい」

と、期待の持てそうな発言も。

日本撤退前のkodakのデジカメは、当時のデジカメの中では発色が良く、独特な絵づくりが魅力的でした。ただ、大柄なボディが小型化志向を強めていた日本市場で受け入れられず、撤退に追い込まれています。今年後半に予定されているという、日本市場向けのモデルでは、どんな価値観を持込んでくるのか、楽しみです。

« 電源をケースの外へ | Main | CPUファンを交換 »

コンパクトデジカメ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

このニュースには密かに喜んでいるひとりだったりします。デジカメはカメラである以前にフィルムですから、こういう特色のあるメーカーが帰ってきてくれるとうれしいです。
せっかくの復活なんだから、Foveonセンサーあたりで一発カマして欲しいものです。ポラロイドなんかに任せておく手はありませんぜ。

The comments to this entry are closed.

« 電源をケースの外へ | Main | CPUファンを交換 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ