« CPUファンを交換 | Main | 携帯電話の機種変更 »

Jul 24, 2004

speedfanで計測したCPU温度

temp.png
 同じケースを使っているKONKONさんのところでPCの熱の話がでていたので、私のところのでの測定値をまとめてみました。
 測定にはspeedfan4.14を使用します。CPUはAthlonXP 1700+の定格、ヒートシンクはPAL8045、ファンは山洋の2,900rpm、CPU haltを有効にするためcoolonを利用。室温はエアコンを回して29度程度。ブラウズ程度の軽めの負荷がかかった状態です。
 この状態で、CPUとおぼしき温度は52℃から53℃ぐらいをうろうろしています。温度計で校正したわけではないので、この測定値に信頼を置けるかどうか判断できませんが、電源断直後にCPUヒートシンクに触った感じでは、これぐらいな感じです。
SETI@homeで負荷をかけてやると、2分で58℃、4分で60℃、10分後に61℃に到達してここで安定します。KONKONさんとこと、全く同じ測定値ってのは、なんか怪しいな。
私はソフトクーラーのcoolonを入れていますが、目立って効いているようには見えません。Duron1.2GHz+リテールクーラーの時は10℃近く温度を下げる効果があったのになあ。

« CPUファンを交換 | Main | 携帯電話の機種変更 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

あいかわらず57度と高温安定で使ってますが、
上がっても61度で頭打ちっぽいです。なんか怪しいですね。
それはそうと、修理から帰ってきたハードディスクを内蔵にしようと思って、ちょっとバカらしいかなあと思いつつシリアルATA変換器を買ってきました。試しに350MBのファイルをコピーして腕時計で計測してみたら、IDE接続よりも微妙に速いようです。記録位置とかの影響もあるのでしょうが、遅くなるかと思っていたので、びっくりです。

先日うっかりしていまして、エアコンがかかっていない状況で数時間seti@homeを回してしまったところ、68℃という測定値を目にしました。排気口からは、バイクの排ガスと大差ないような熱風が吹きだしていまして、内部がその程度の温度で済んでいたかどうか定かではありませんが、61℃が測定値の上限というわけではなさそうです。

シリアルATAに関しては、変換器を通した方が速度が早いというのには、驚きですね。
パラレルATAは、過去との互換性を保証するためのバスアーキテクチャの無駄が、スループットを抑えてしまっているのかもしれませんね。

The comments to this entry are closed.

« CPUファンを交換 | Main | 携帯電話の機種変更 »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ