« November 2004 | Main | March 2005 »

December 2004 posts

Dec 11, 2004

IBMのPC事業、売却へ

「IBM、PC事業売却」の波紋

 IBMがPC事業を中国メーカーに売却する。残念な話だ。
 ノートPCを必要としたことがあまりなかったので、thinkpadは都合1機種しか買っていないのだが、質実剛健というべき製品企画には、賛同する点が多かった。
 Thinkpadの品質というと、まずキーボードについて語られることが多い。良好なキータッチもさることながら、日本語キーボードでも右端のキーピッチが極端に小さくなることがない。邪魔っけなwindowdキーはカーソルキーの隙間に押し込まれており、日本語キーボードで煩雑になりがちなキー最下段にゆとりがあった。また、部品としてではあるが、英語キーボードを継続して入手できたのも、英語キーボード愛好者として賞賛に値する。ソニーや東芝が一時期こうしたサービスを行っていたことはあるが、長くは続かなかったからだ。

 Thinkpadの美点はこのように、顧客の希望に応えるサービス、品質、強度など、スペック表に現れない部分にあったのだが、これも過去のことになるだろう。たとえ製造コストが上がっても顧客満足を確保するというような、ものづくりに対する成熟した考え方を、現在の中国企業が持っているとは思えない。凡百な安売りPCがラインナップに並ぶことになるのだろうな…

 Hewlerr Packartは先日compaqと合併し、Dellに次ぐ世界第二位のPCメーカとなったのだが、過去のHPがもっていた、高価だが高品質というブランドイメージは早々に失われている。HPの電卓事業は、旧来の路線では事業存続ができなくなり、compaqとの合併を前に事業休止へ追い込まれた事業のひとつである。USの資本市場を基盤とし、市場でのシェアを狙ってゆく企業では、品質を重視した路線での会社経営が難しいのかもしれない。ヨーロッパならば成立するのだろうけど、残念ながら、あちらは情報機器に関しては見るべき点がない。

 こうして考えてみると、独自OSを比較的高価なハードウェアに載せたAppleが、ニッチながらもUSで成立しているのは例外的なのではないかと思えてくる。もはや市場の制覇を目指すことが出来ず、ニッチに甘んじるしかないというところに、効率化一辺倒の経営を求められない最大の理由があるかもしれないのだが、現在のAppleは、情報機器メーカーであると同時に、デザイナーSteve Jobsが率いるファッションブランドという一面もあるように感じる。こうした点が販売総数よりも、商品の個性で収益を挙げ、株価を引き上げるという方向での会社経営を可能にしているのかもしれない。
 しかし、商品企画に個人の力量が寄与する部分が大きいというのが、消費者の支持を集める点であると同時に、裏を返せば不安要素でもあるんだよなあ。

« November 2004 | Main | March 2005 »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ