« libretto U100 | Main | scientific Americanもしくは日経サイエンス »

Apr 22, 2005

Apple Keyboard (US) A1048

PICT1019r
 私が行っている大学の共用PCはいわゆるシンクライアントと呼ばれる形態で、ディスクスペースはサーバで一元管理されています。ブートもネットワークからなされ、クライアントにはドライブが全く無い形で提供されています。どこのPCを使っても、自分のプライベートディスクスペースがmy documentとしてマウントされ、ブックマークやメールフォルダも読み込まれるのは良いのですが、こういうシステムの常でカスタマイズが一切できません。キーボードもJIS。私はASCII配列に慣れ切っていまして、JISは駄目です。記号のミスタイプが頻発します。ふだんカスタマイズしたPCを使っているもんにとっては、こういう環境だとやっていられません。ストレス溜まるなー
 で、その件と直接関係ないのですが、発作的に自宅のMacのキーボードをJISからUS配列にとっかえました。こりゃ一種の八つ当たりだな。Apple storeの通販では、Educational Discountで1割安く買えるのですが、適用は直販に限られます。衝動買いなんで、到着なんて待っていられません。たまたま在庫があったので、ビックカメラで購入。定価どおりながら10%ポイントが付いたので、まあほぼ同条件です。Bluetoothキーボードを買ってやろうか、とも一瞬思いましたが、インタフェイスと合わせて1万超えるんで、それはやめ。
 箱から出してみると、大きいですな…。今回は下調べなしで買ってきてしまったので、箱を開けてからその大きさに気付きました。従来使っていた、PowerMacG4添付のUSBキーボードより大きいとは思わなかったなー PCではhappy hacking keyboardを使っており、テンキーのない小さいキーボードが好きなんで、やっちゃった… との思いもあります。
PICT1025r
 キータッチは値段なりですが、使い慣れたASCII配列なんで、思いのほか快適です。キートップは最近のアップルの製品の常で真っ白です。手垢が目立ちそう。たとえ汚れてもエタノールで拭けば、落ちるんですがね。ここまで白くしなくても良いような。

« libretto U100 | Main | scientific Americanもしくは日経サイエンス »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

おやっ、カーソルキーなしのモデルなんですね。ひょっとして、プロフェッショナル、っていってるほうですか。

 いえ、古いだけです。
 旧型のHHKB liteを使っています。そろそろ4年になりますか。思いのほか丈夫です。
これが壊れたら、またHHKBを買うつもりでいますが、カーソルキー付きで安いlite2を選ぶか、無接点方式のProfessionalを選ぶか悩ましいところ。
 単独のカーソルキーもあればあったで便利だと思いますが、Fnキー{?:"でのカーソル移動も、慣れてしまえばホームポジションからの右手の移動量が少なく使い勝手がいいんですよ。

4年ですか。KONKONのCPUでいえば、Duron700MHzの時代ですねえ。
Fn+何とかってのは、知りませんでした。カーソルキーなしだと、ctrl+何とかをサポートしてるアプリ専用みたいなイメージを持ってましたが、そんなわけないんですよねえ。

昔、ダイアモンドカーソルって、ありましたね。
CTRL+esdxでしたっけ。
VZ editorでのwordstarライクキーバインドで使っていました。
HHKBの場合、Returnキー直下にFnキーがあり、これでシフトすることで、カーソルやファンクション、Pgup/downなどが入力されます。

The comments to this entry are closed.

« libretto U100 | Main | scientific Americanもしくは日経サイエンス »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ