« windowsのブリーフケース | Main | 一日遅れでiTunes music store開業を寿ぐ »

Jul 30, 2005

x40 512MB増設で1GBに

PICT1376r

 Thinkpadに512MB増設して、1GBにしました。
 購入したメモリーはADTEC A333N-512M、NTT-Xストアで\6,426でした。諸々合わせて7,000円にギリギリ収まるというところでしょうか。バルクメモリの最安値と比べると、1,000円増しぐらいですかね。この程度の差なら、私はリテール品を選びます。

 取付けてみたところ、特に問題もなく認識されています。DDR333はそれほど相性がキツい規格でもないので、当然でしょう。
 512MBの時と比べてみると、ハイバネーション&レジュームにかかる時間は確実に長くなりました。どの程度メモリーが占有されているかで数字は変わってくると思いますが、ある条件で、512MBの時にハイバネーションに入るのに11秒、復帰に35秒だったのが、それぞれ20秒、45秒とけっこう長くなりました。x40は1GBメモリーモジュールを刺せば、1.5GBまで載せられますが、この比率で見ると復帰に1分近くかかるようになるでしょう。となると、目一杯増設するのもちょっと考え物ですね。これは1.8inchHDDの遅さが大きく影響しているはずです。

 またメモリを増設したことで、HDDへ間断なしにアクセスしていたのがかなり抑制されました。BBSなどでx40のHDDアクセス音がうるさいと書かれているのをよく目にしますが、512MBでXP proを運用していると、NAVやメッセンジャをアンインストールしても、数秒に一回、HDDへのアクセスが間断なく続きます。1GBにしてやったことで、大きく頻度が減りました。何がアクセスしているのか、結局切り分けられなかったあたり、あんまり気持ちのいいもんではありませんが、対症療法としては512MB増設が効いた感があります。

 これによって、発熱するポイントも変化しました。HDDからの発熱が減り、左パームレストに熱を感じなくなった結果、トラックポイントのボタン付近がもっとも熱く感じるようになっています。全体的な発熱は減ったようですが、相対的にもっと熱いポイントが移動した感があります。

« windowsのブリーフケース | Main | 一日遅れでiTunes music store開業を寿ぐ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ