« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005 posts

Aug 14, 2005

Thinkpad X40、バッテリーヘルスの改善

x40_battery
 Li-ionバッテリの劣化は、熱による電解液の変化と、満充電状態を継続することによる負極グラファイトの結晶構造の変化が大きな要因と言われています。panasonicのLet's note、2005年夏モデルにはバッテリの充電率を80%に抑えることで、サイクル寿命の延長を図る機能が搭載されました。

 Thinkpadにも同様の機能が載っています。機種にもよりますが、x40ではバッテリー省電力機能設定 パッケージ1.36('04/2/24)以降を導入することで、「バッテリー省電力メーター」に「バッテリー・ヘルスの改善」が現れます。これを選択し、「バッテリーの充電しきい値」を下げてやることで、100%まで充電しないような設定ができます。検索をかけたところ、Thinkpad T42では、休止状態だとこの設定が無視されて充電されてしまう(神々の館にて ~ うちの PC 騒動記 (2005/7))、との情報がありましたが、うちでは休止状態でも設定値で充電は停止します。「バッテリーの充電しきい値を変更する必要が~」のチェックを外してやれば、休止状態やOSを終了した状態でACアダプタを付けはずしした時以外は、閾値が維持されます。

 一方、もうひとつの劣化要因である熱に関しては対策が困難です。x40はバッテリがプロセッサやディスクから離れており、熱が伝わりにくい構造にはなっていますが、長い寿命を期待するならば、AC駆動時はバッテリを外しておくのがベストでしょうね。面倒なんでようやりませんが…

Aug 05, 2005

一日遅れでiTunes music store開業を寿ぐ

 昨日、iTunes music store Japan(以下iTMS-J)が開業しました。

 USに遅れること2年強、待望の開業です。 ん?待望? 待ちに待った開業なんですが、私は今のところ、一曲も購入してません。待望って、一体何を待ち望んでいたんだ?

 iTMS-Jの開業がここまで遅れた理由をいまさら私が説明するまでもないでしょうが、あくまでパッケージメディア流通業者としてシノごうとする日本のレコード会社が、流通経路の中抜きに頑強に抵抗したということですね。CCCD騒ぎに代表されるように、誰が消費者の利便性を損ねているのかが明確でした。誰が抵抗しているのか、誰にでもわかる構図だったといえますね。

 開業に至るまでの2年間、iTMS-Jに集まっていた多大な期待は、これらレコード会社に対する反感の裏返しがかなりの部分を占めていました。こうした文脈でAppleにとって、iTMS-Jの開業が遅れたことは失点となりません。交渉の落としどころが日本ローカルのDRM採用ではなかったのは評価できます。日本の消費者は、コンテンツホルダに偏った著作権保護から強い抑圧を感じているだけに、Appleはこの一件で株を上げたと言って良いでしょう。

 とまあ、分析はこのぐらいにして、最初の疑問に戻ります。
 最近買っているCDは、洋楽の並行輸入盤が中心です。HMVやAmazonで購入すれば、曲単価はiTMS-USと大差ありません。iTMS-Jでは洋楽の品揃えがUSと比べてかなり見劣りしたため、当分は平行輸入CDに頼ることになりそうです。また、iTMS-Jの目玉はJ-POPでしょうが、最近めっきり遠ざかっているため、特に聞きたい曲がありませんでした。
 iTMS-Jによって提供される利便性が、いまのところ私のデマンドにマッチしていないだけ、という感もありますが、私が待ち望んでいたのは、一種の抑圧感からの開放ですかね。コンテンツがデジタル化されることで利便性が向上するはずなのに、逆に制限されるってことがあまりに続いていましたから。

« July 2005 | Main | September 2005 »

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ