« olympus E-500 ファインダについて | Main | 愛称? なんで要るの? »

Oct 20, 2005

Willcom/SHARP smartphone W-ZERO3

 willcom勢いづいていますねー
Air EDGE phoneを三端末同時発表した三週間後に、今度はSmartphoneの発表です。

ウィルコム、VGA液晶搭載のモバイル端末「W-ZERO3」(PC watch)

 通話のできるPDAという位置付けですね。windows mobileをOSとし、QWERTYキーボードとVGAの液晶が乗っています。さすがに図体は大きく、70×130×26mm(WxDxH)で、重量は約220g。わたしが95年にはじめて買った携帯の、デジタルホン Nokia DP-151が56x140x23mmで重量225gでした。寸法や重量は10年前の携帯電話とほぼ同じということですか。それはちょっと考えちゃうなあ。

 液晶が640ドットぶんの幅があることで、webページの閲覧がしやすいことがこの端末の最大のメリットだとは思います。携帯電話用のoperaは、多用なレンダリングモードを持つことで、240ドット幅の液晶でどうにかweb閲覧ができるようになっていますが、やはり無理があります。

 一方で、画面写真を見ていると、windows丸出しなのは力が抜けますなー PDAでスタートボタンはやめろってば。

 価格の方は5万円以内ということで、予想していた幅の中では下限の価格でした。WX310シリーズ(9/27付 遊手徒食)の倍ぐらいの価格帯になるかと思いますが、値段うんぬんよりも、これだけのサイズの端末を持ち運ぶだけの用途があるかどうかの問題になってきます。Windows mobileの上でPDAらしいことをやらないならば、フルブラウザがメインのWX310シリーズのサイズの小ささを買うのもアリだと思いました。

« olympus E-500 ファインダについて | Main | 愛称? なんで要るの? »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

でも、この大きさは、テキストの閲覧には魅力ですね。キーボードは・・・重心わるそうなきがするんだけど、つかってみないとわかんない。

 携帯電話ではどうやっても得られないだけの、液晶の横幅があるのはいいですね。カタログスペックを見る以上、Bluetoothの欠如を除けば機能面での文句はありません。問題はこれを日々持ち運ぶのが苦になるかならないかかと思います。
 それもあるので、私も早く現物を見てみたいところです。DoCoMoのM1000は59.5x117x21.5mm 重量168gでこれならどうにか許容範囲なんですが。

The comments to this entry are closed.

« olympus E-500 ファインダについて | Main | 愛称? なんで要るの? »

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ