« x40 英語キーボード キー配列のカスタマイズ | Main | WX310シリーズ、発売日及び価格決定 »

Oct 29, 2005

W-zero3のサイズを実感してみた

03papercraft

 WPC EXPOでは現物を試用できるようになっていたw-zero3、触った方の感想がblogやmixiなどで見られるようになりました。ソフトの完成度など、参考になる情報もある一方で、サイズに関しては様々な評価が見られます。ふだん持ち運ぶものなだけに、どういうスタイルで携帯して、どのように使いたいかで結論は変わってきます。ヒトの感想も参考にはなりますが、こればっかりは、自分で現物を見てみないと結論は出せません。しかし、平日に東京まで見に行くわけにも… と悶々としていたところでこの記事を見つけました。

■ 「W-ZERO3」発売まで、待ちきれないあなたにペーパークラフト (やじうまwatch 10月28日付け)

 「ぬるいふろからあがれません」のESTRELLAS氏謹製の修正版W-ZERO3ペーパークラフトが紹介されています。早速厚めの光沢紙を買ってきて、作ってみました。ペーパークラフトを作るなんて本当に久しぶりでかなり苦労しましたが、1時間強でどうにか完成しました。曲面も上手く再現されており、素晴らしい出来だと思います、型紙は… 一方自分の腕の方はさっぱり駄目。手持ち道具のも限られており、カッターナイフとスティックのり、金尺一本だけではなかなか綺麗には仕上げられませんでした。速乾性のある接着剤は必須ですね。

 さて、ディティールはともかく、とりあえず形にはなりました。思っていたよりは小さいな、というのが第一印象です。HP-200LXぐらいのサイズを考えていましたが、それよりずっと小さいですね。ケースに入れたPalmIIIといい勝負でしょうか。これなら私には、持ち運びに支障なさそうです。また、サイズを比べていたときに気付いたのですが、W-zero3のキーボードは、HP-200LXの10キーを除いたQWERTYキーボード部分とほぼ同寸です。触った方のレポートによれば、キーの感触はクリック感のはっきりしたもの、ということなので、200LXと同じように、実用上問題ない速度で打てそうな感じです。

 一方、問題あるかな、と思ったのは、片手での操作に困難が予想されるところ。片手にカバンを下げている時など、片手で操作する必要がある場面ではちょっと厳しいでしょう。キーボードを閉じた状態で、片手で5wayキーを操作するのは困難だと感じました。しかし、キーボードを出した状態で右手で保持すると、カーソルキーからテンキーあたりまでは親指が届くので、この範囲内のキーで操作ができるよう仮想キーボードドライバなりを挟んでやれば、この問題も解消できるかもしれません。

« x40 英語キーボード キー配列のカスタマイズ | Main | WX310シリーズ、発売日及び価格決定 »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ