« WPC EXPOにDoCoMoの姿無し | Main | W-zero3のサイズを実感してみた »

Oct 28, 2005

x40 英語キーボード キー配列のカスタマイズ

 キーの論理配列を変える方法はいくつかあります。
一番手軽なのはユーティリティを利用する方法でしょうか。余計な機能はいらん、といったこだわりがなければ、これがもっとも手軽でしょう。私は「余計な機能はいらん」ので、レジストリへのキーマップ変更テーブルを追加することで、キーの配列を切替えました。

注意:レジストリに手を加える危険性に加え、キーマップの指定を誤るとログインができなくなる可能性もあります。くれぐれも慎重に。

 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
の下に、"Scancode Map"をバイナリで追加。
どのようにキーを入れ替えるかで、登録するバイナリは変わってきます。詳しくはリソースキットを参照して下さい。
私が試みたキーマップは以下の通り。

・caps⇔ctrl 入れ替え
00000000 00000000
03000000 1D003A00
3A001D00 00000000
 
・caps→ctrlに変更(caps消滅)
00000000 00000000
02000000 1D003A00
00000000

・caps→ctrlに変更(caps消滅)、右altにF13割り当て
00000000 00000000
03000000 1D003A00
640038e0 00000000

 今は一番下のキーマップ利用した上で、IME側で"IME on/off"をF13に割り当てることで、右altだけでIMEのon/offができるようにしてあります。デスクトップで使っているHHKBと似た配列で使えるようになり、便利です。

« WPC EXPOにDoCoMoの姿無し | Main | W-zero3のサイズを実感してみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ