« olympus E-330発表 | Main | DoCoMoから「利用休止期間満了のお知らせ」が来た »

Jan 26, 2006

E-330の撮像素子、「LiveMOS」とは?

新開発750万画素 4/3型LiveMOSセンサー(olympus)
松下、CMOS並みの電力でCCD並みの画質を実現した新撮像素子(impress PC watch)

 E-330で使われているLiveMOSというのは、松下のνMAICOVICON なんじゃないかと見ています。というのは、E-330の撮像素子について解説している説明図と、νMAICOVICON の説明図がまったく一緒なんですよ。
 松下、olympus提携の最初の成果というところでしょうか。さて、どんな絵が出てくるのかが楽しみです。

追記
νMicoviconイメージセンサ・カメラモジュール[PDF](松下テクニカルジャーナル vol.52 No.1 Feb. 2006)
 ネットではabstractしか読むことが出来ないが、松下の技報にnu Micoviconの技術解説が掲載されている。

« olympus E-330発表 | Main | DoCoMoから「利用休止期間満了のお知らせ」が来た »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

あっ、ホントだ。同じですねえ。こうなると気になるのが、PC Watchの記事です。もともと携帯のカメラ用の素子だったものを、どうしてまた一眼レフに?
なにか技術的なブレイクスルーがあったんでしょうか。

 E-330の発表会で、オリンパスが設計した素子と言及されています。以前発表されたνMAICOVICONそのものではなく、これをベースにオリンパスの技術が入っているのではないかと推測します。素子の詳細がわかっていない段階では、推測に過ぎませんが。

The comments to this entry are closed.

« olympus E-330発表 | Main | DoCoMoから「利用休止期間満了のお知らせ」が来た »

blog内検索


Flickr


  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from aquila_2664. Make your own badge here.

ad

Recent Trackbacks

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

NewTwitter


プライバシーポリシー

無料ブログはココログ