« E-330体感講座に行ってきた | Main | 今更ながら、CPUファンの話 »

Feb 21, 2006

こんなminiSDリーダライタはないものか?

CA320268r

 E-330体感講座での画像データ持ち帰りのメディアとして、xDの16MBとUSBリーダライタ、MAUSB-200をもらってきました。写真上です。このリーダライタ、メディアがほぼ完全にボディの中に収まります。miniSDでこういうのがないもんですかね。xDだとバイト単価が高すぎるので、大容量のカードに差し替えて使う気はちょっと起きません。
 ふだんは私、写真下の256MBのUSBメモリを使っています。これはこれでコンパクトでいいのですが、リーダライタ+メモリーカードのほうが、大容量のものに買い換えたあとも古いのが無駄にならないように思えるのです。USBメモリを複数使うとは考えにくいのですが、メモリーカードなら、少々容量が小さくても使いみちがあるので。ただ、同容量で比較すると、メモリカードよりもUSBメモリの方が安いですね。

« E-330体感講座に行ってきた | Main | 今更ながら、CPUファンの話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

逆にUSBメモリが使えるデジカメがあると便利だと思ったりします。自作PCだとカードスロットがないことも珍しくないし。USBメモりは形状がまちまちなので難しいんでしょうけど。
あ、これってUSBホストになるってことですね。

カメラがUSBホスト機能を持てば、USB接続のHDDも接続しやすくなりますね。ストレージャーを使うより手軽かもしれません。
ただ、どちらにせよAコネクタはデジカメには大きすぎる感がありますが。

The comments to this entry are closed.

« E-330体感講座に行ってきた | Main | 今更ながら、CPUファンの話 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ