« 今更ながら、CPUファンの話 | Main | Lumix DMC-L1 / olympus E-330 ボディサイズの比較 »

Feb 26, 2006

Panasonic Lumix DMC-L1 第一報

Panasonic Lumix DMC-L1(Let's go digital)
Panasonic's First Digital SLR Camera with Interchangeable Lens

 明日になれば日本のニュースサイトも報じると思いますが、第一報です。

 Panasonicが4/3システム準拠のデジタル一眼レフを発表します。
 ダストリダクションシステムのついた7.5MpixelのLiveMOS撮像素子を搭載しており、ライブビューが可能。コンポーネントの多くをE-330と共用しているとのことで、ボディの機能面ではほぼ同等となるでしょう。ただし液晶は固定されており、バリアングルではない模様。両機種の背面画像を重ねてみたところ、DMC-LC1の方が若干横幅が大きいようです。
 同時発表されるレンズは、手ブレ補正付きの14-50mm F2.8-3.5。換算100mm程度では手ぶれ補正の必要性は薄いと思われますが、追い追いもっと長いレンズも出るでしょう。

 これで4/3システム準拠のボディとレンズの供給元が二社となりました。バリアングル液晶ではないことから、この機種への興味は薄いのですが、Fourthirdsシステムの先行きがずいんぶん明るくなったのではないでしょうか。

« 今更ながら、CPUファンの話 | Main | Lumix DMC-L1 / olympus E-330 ボディサイズの比較 »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

DMC-LC1後継って位置付けでしょうかね。この手のデザインと、LEICAブランドが好きなひとには受けそうです。
フォーサーズユーザとしては、これ用に出してくるであろうレンズ群のほうが気になります。デジカメWatchの記事だと、モード1の手ぶれ補正は使えるそうで、望遠系が出るのならこっちを待つのもありかな、って感じです。

 E-330が気に入った、という向きには、DMC-L1は別段興味を引くものではないかもしれませんね。
 その一方で、レンズには興味を惹かれます。Leica単独ブランドではなく、Lumixとのダブルネームになっていることで、それなりに現実味のある値段で出てくることが期待できそうですし。

The comments to this entry are closed.

« 今更ながら、CPUファンの話 | Main | Lumix DMC-L1 / olympus E-330 ボディサイズの比較 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ