« 梅林公園に行ってきた | Main | "origami"ことUMPC »

Mar 07, 2006

Dimage x20を修理に出す

 手持ちのコンパクトデジカメ、konica-minoltaのDimage X20は、例のソニー製CCD不具合問題にひっかかったCCDが入っている。

CCD不具合問題関連リンク集(impress)

 メーカーからは当該CCDを使用している旨、既に連絡が入っていたものの、これまで別段異常なく利用できてた。この週末岐阜の梅林公園から金華山に昇ってきたのだが、そのときの写真の多くが色褪せした銀塩プリントのような色合いになっていた。WBを太陽光に固定して撮っていたので、それが原因かとも思ったが、AWBにしても色合いがおかしいのは同じ。

Pict1893r


 撮影画像に影響が出たのは今回が始めてだが、しばらく前から怪しい気配はあった。暗所でプレビューする再に、CCDがゲインアップするにつれ液晶の左隅からうす紫色の光の染みが現れるのに気付いていた。ちょうど銀塩のカメラで光線漏れが起きたときのような状況だ。しかし、撮影した映像には問題がなかったのでとりあえず様子を見ていたが、今回遂に撮影画像に影響が出たという次第。

Ca320311s


 早速konica-minoltaに連絡を入れ、モノをピックアップしてもらった。修理には三週間ほどかかるという。Dimage A200買っときゃ良かったかなあ。もっとも、アングルモニタの楽しさを知って、これを探した頃にはもう在庫が無かったのだけど。

« 梅林公園に行ってきた | Main | "origami"ことUMPC »

コンパクトデジカメ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

NTT-XストアでA200が復活してましたよ。KONKONが見たときは残り1台でしたが。

昨日私が見た時にはもうありませんでした。むー

The comments to this entry are closed.

« 梅林公園に行ってきた | Main | "origami"ことUMPC »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ