« キリンビール名古屋工場に行ってきた | Main | 新しいVAIO U »

May 14, 2006

HDDクラッシュ (>_<)

 メインで使っているPCのHDDが飛んだ。ハードウェアの障害らしく中身が全く読み出せない。重要なデータはDVD-Rに保存したりノートPCと二重化しているものの、けっこうな量のデータを失った。特に最近のデータの被害が大きい。DVD-Rに退避する前のものだ。こうしたデータをハードウェアの障害から守るには、機械的にバックアップしないと駄目だと痛感した。windowsのオフラインフォルダ機能を利用してノートPCへ機械的にに二重化しているデータは、被害を免れた。データドライブはraid1でミラーリングした方がいいのかもしれない。

 今回飛んだHDDは 2005年6月購入のBarracuda 7200.7 160GB (ST3160023A)、販売店の保障は10ヶ月で、先月切れたばかり。なんとも運が悪い。破損時に行っていた作業は、virtual RDを使ったRD-H1からの録画データの転送だった。録画データ転送には相当に時間がかかる。90分程度の録画データは3GB程度になる。この量のデータを転送するには小一時間必要だ。転送を開始してしばらく放置し、終わった頃を見計らってモニタの電源を入れたら、「c:が見つからない」との見たことがないエラーが表示されていた。とりあえずリブートをかけてみたら、ブート不能になった。CDから立ち上げてみると、dirさえ通らない。ハード的な障害と判断し、新しいHDDを買ってきて、目下復旧中だ。

 今度はHGSTのDeskstar T7K250(HDT722516DLAT80)を買ってきた。とりあえずシステムドライブを復旧する。データドライブのraid1構築はとりあえず先送りした。今度のドライブは壊れる前にせめて怪しい兆候を出してくれることを期待したい。後ろ向きな期待だなあ…

« キリンビール名古屋工場に行ってきた | Main | 新しいVAIO U »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

やられちゃいましたか。ご愁傷さまです。Raid5やってて思うんですが、これってコントローラがいかれたら全部逝っちゃうんだよなあ、って。外付けHDDで小まめにバックアップ、のほうが安全かもしれません。

 やっちゃいました。ぼつぼつ復旧をすすめています。時間さえかければ環境は元に戻せますが、ロストしたデータはどうもなりませんね。バックアップしてあったDVD-RやCD-RにもCRCエラーが出るものがけっこうあり、古いデータも一部失いました。色素型メディアに高い安定性を期待しちゃイカンのですが、がっくりはしますね。HDDのバックアップはHDDで取るのがもっとも現実的なのでしょう。でも、言われてみて気づきましたが、raidもコントローラが飛んだら全滅がありえますね。むー

The comments to this entry are closed.

« キリンビール名古屋工場に行ってきた | Main | 新しいVAIO U »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ