« また初期不良引いた… IPSiO G505 | Main | cocolog復旧 »

Jul 10, 2006

LBPとの印字品質比較 IPSiO G505

 何度か繰り返してもタイムアウトばかりで管理ページにログインできなかった。既にメンテに入っていたか、とスケジュールを確認してしまったよ。

 さて、プリンタを買い換えることは前々から考えていて、レーザープリンタを第一候補にしていた。文書を出力する機会が多いのがその理由だ。モノクロレーザーならばA3機でもかなり安価になっている。設置場所さえ都合がつけば悪くない選択だと思う。ただ、問題はそこにある。設置場所をどうするか考えているところにあんまりにも安くGeljetが出ていたので、LBPのことはいったん棚上げしてこっちを買ってしまった。とにかく安かったこともあり、あまり期待はしていなかったが、これを使ったことでインクジェットに対する認識が改まった。インクジェットの速度と印字品質に強い不満を持っていたが、最近のオフィス向け高速インクジェットは文書メインで使う者にとって悪くない選択肢だと思う。

 今回はLBPと印字品質を比較してみた。
Pict2431r

 左から富士ゼロックスのDocuprint360、IPSiO G505、BJF860の順である。前回同様MS P 明朝の12pointで統一した。Docupurint360のみ白色度の低いペーパーに出力されている。並べて比べてしまうとLBPの優位性が明らかになる。エッジの立ったなめらかな描写はLBPならではだ。普通紙へのモノクロ文書出力は、やはりLBPが最適解なのだろう。
 今回インクジェット二機種との比較で、文字出力におけるLBPの絶対的な優位を再確認できたわけだが、F850はともかく、G505はかなり頑張っている。F850を前提に、次はLBPを買うしかないかな、と考えていたが、文字にこの程度の品質が確保できれば、カラーが手軽に使える分、インクジェットにも分がある。

 前回も少し触れたが、Hewlett Packardもオフィス向けの高速インクジェットプリンターを出している。価格は安く、印字速度は速い。hpは昔から普通紙への印字品質に定評がある。OSX対応もなされている。少し気が早いが、G505の次はhpになりそうだ。

HP / officejet pro K550シリーズ(impress広告企画)
“ポストレーザープリンタ”の実力は?――「HP Officejet Pro K850dn」 (ITmedia +D PC USER)

« また初期不良引いた… IPSiO G505 | Main | cocolog復旧 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

設置場所もですけど、消費電力がけっこうきびしいですよ>LBP
エアコンと同時に使うときは、ちょっとドキドキものでした。
ところで、ココログに明るい未来はあるのでしょうか。

 おおまかに見て1kw喰いますからね。20A契約の我が家では、エアコンと同時に使ったら確実にブレーカが落ちるでしょう。それもあって、というわけではありませんが、ここんとこ興味がHPのビジネスインクジェットに向かっています。G505のインクが切れたらそっちに走るんじゃないかと思います。2万5千で二段給紙、Ethernet内蔵はお買い得です。

 cocologは明日からのメンテの結果待ちですね。これでなお駄目なら「はてなdiary」あたりへ引っ越すことになるでしょう。

The comments to this entry are closed.

« また初期不良引いた… IPSiO G505 | Main | cocolog復旧 »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ