« cocolog復旧 | Main | 802.11a(W52)へのアップデート »

Jul 21, 2006

W-ZERO3[es]実機を見てきた

 コンプマート名古屋店にW-ZERO3[es](WS007SH)の実機が展示されていた。現物を見ると欲しくなる。このあたりは現物を見て考え込んでしまったW-ZERO3(WS03SH)とは対照的だ。WS003SHはどうやって持ち運ぶか考え込んでしまう大きさだった。ポケットに収まる大きさでないだけに、携帯電話との併用が必要なるな、とも感じた。WS007SHはほぼ携帯電話の延長線上で持ち運ぶことができる。ボディが小さくなった代償として3.7inchから2.8inchにサイズが小さくなった液晶が心配だったが、視認性に問題はないと感じた。総じてよく出来ている。5月にカード型PHSを買ったばかりで、当分買えないのが残念だ。

 ただ、ソフトがいくつか追加されテンキーボードが付いたとはいえ、一歩踏み込むとUIはwindows mobileそのものである。「ケータイ」のように十字キーだけでは操作できない。画面へのタッチはどうしても必要となる。それに不都合は感じなかったが、「ケータイ」のつもりで操作すると戸惑うことになるだろう。一般的な携帯電話と類似した形状になったことで敷居は下がったものの、依然使い手を選ぶ端末ではある。

 自作PCフロアもちょいと見てきたが、SDやminiSDが非常に安くなっている。PQIの製品だったが、名古屋でも1G B SDカードが3,000円台で買えるようになった。いま必要がないので買わなかったが、これまで当地のフラッシュメモリの店頭相場が非常に割高だっただけに感慨深いものがあった。

« cocolog復旧 | Main | 802.11a(W52)へのアップデート »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ