« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006 posts

Oct 18, 2006

iPodのケース carringcase.net spiderjacket

Spider Jacket or iPod 5G.(w/VIDEO) (carryingcase.net/MJ soft)

 ケースもiPod対応のものに買い換えた。
 miniで使っていたのと同じく、今回もcarringcase.netオリジナルのspider jacketを選んだ。取扱店はかなり少ない様子。名古屋地区では、以前Mac Martで見たことはあったが、今回エイデンに問い合わせたところでは、取り寄せができないとのこと。通販にて購入した。

 このケースは、iPodを天地逆さまに収納する。操作はiPodを少し引き出して行う。

Pict2561r

 操作性を優先するなら、クリックホイールと液晶部分がビニールのシートで素通しになっているタイプのケースの方が便利だろうが、あれには違和感がある。スピーカーの形に小穴が空いた、黒いビニール製の収納袋が付いてきた、80年代以前のトランジスタラジオのようで、どうにも頂けない。

 かといって、製品添付のベロアのケースは、薄い仕立てでルックスは良いが傷防止がせいぜいだ。

Pict2564r

 薄いぶんプロテクションは限定的なのだが、そのかわり、ケース越しにクリックホイールを操作できる。ケースから全体を出さなくとも、液晶が見える分だけ引き出せば操作できる。しかし、素材の薄さ以上に、iPodをケースから引き出すとき、体から離す方向に引き出す動きを若干不安に感じる。いずれ手元を誤って落下させそうな気がする。miniを落下で故障させたばかりで、少し神経質になっているかもしれないが、手前に引き出すspiderjacketでの動きの方が、どちらかといえば安心だ。

Oct 14, 2006

ビデオ対応iPodを使ってみた

週刊デバイスバイキング 「ビデオiPod」登場。PSP用MPEG-4も再生可能?(impress AV watch)

 この記事は05年10月発売の5th Generationのものだが、06年9月発売の6th Generationにも多くが当てはまる。液晶以外のハードウェアは共通とのことで、iPod 6th Gと呼ばれているが、実質的には5.5Gとみなしたほうが良いだろう。5thGで指摘されていた、メニューのレスポンスの若干の悪さなどは6th Gでも引き継がれているようだ。6th Gをnanoやminiとくらべると、若干もたつく感がある。

 前のエントリーでは、PCへの動画の転送と、MPEG4へのトランスコードに多大な時間がかかることから、ビデオは使わないだろう、としたのだが、折角なので試してはみた。やってみると、iPodへの転送までに要する手間と時間が大きく、一連の作業が自動化できないと常用するのは厳しいと感じる。USでは、MPEG4にエンコードした番組がiTunes storeで販売されており、手間のハードルはクリアできるのだが。
 しかし、それ以上に問題があったのは、コンテンツの中身だった。現代日本のTV番組は、集中して見るようにできていない。ながら見を前提として、徹底的に冗長なつくりになっているため、他にすることがない電車の中で見るには向いていない。そもそも、普段ロクにTVを見ておらず、TV番組のもつ間を忘れかけているというのもあるのだが、こういう環境で見るTV番組は予想以上に退屈だった。
 こういう環境で視聴する動画は、TVとは違う方法論で作るべきなのかもしれない。試聴環境の特性に合わせ、短時間で区切りをつけた上で、できるだっけ多量の情報を高密度に押し込むような構成が求められる。
 いや、そもそも、電車の中で動画を見る、という行為そのものに合理性がないのかもしれないな。

Oct 09, 2006

iPod mini破損、iPod 30GB(5.5G)へ買い替え

Ca321416r

 sad iPodを見てしまった。
 ナイロンメッシュをウレタンスポンジで裏打ちした、carryingcase.netのSpider Jacket Miniに入れてあり、少々のことでは壊れないだろうとは思っていたが、そこはHDD。タイミング悪くHDDアクセス中に落下させてしまったようで、クラッシュさせてしまった。これが土曜日。
 落下による故障の上に、購入から1年半を経過している。当然保障は効かない。iPodの修理は新品交換での対応となるため、修理するとなると21,000円と高額になる。現在apple storeでは「整備済み製品」が出ており、iPod miniは12,500円でしかない。修理は選択肢になりえない。
 では、現行品のnanoを買うか、6世代iPod videoを買うかでしばらく悩んでいた。故障からその間2日、電車に乗っている時間がけっこう辛い。買わずに済ますという選択肢はどうやらないらしい。

 そんなわけで、今日、apple storeへ行って、6世代iPod 30GBを買ってきた。
 これを選んだ理由はふたつ。iTunesのライブラリが10GBを越えており、4GBでは全部は入らない。全部入らないとなると、プレイリストを使って転送する曲を選ばざるを得ず。ふと聞きたくなった曲が入っていなくて聴けないことがある。miniを使っていて、これは残念に思っていた。

 もうひとつは、iPodとiPod nanoに自分のイヤフォンを接続して比較試聴してみたら、思った以上に音質に差があった。現在、audio-technicaのATH-CK5を使っている。目だって良い音質ではないが、カナル型なのでそれなりの遮音性がある。以前使っていたMX500は半密閉型で遮音性がなかった。地下鉄の車内ではどうしても音量が大きくなってしまう。カナル型ならば、環境雑音をある程度カットできるので、プレーヤの音量を絞ることが出来る。しかし、カナル型は一般に低音過多のものが多い。その中でATH-CK5はsennheiserのMX500のようなカマボコ型の周波数特性で、中音域重視のチューニングとなっているのが好ましい。
 さて、ズレた話をnanoと30GBの音質評価に戻すと、nanoの音は薄っぺらい感がある。すっきりした再生音ではあるが、レンジの狭い鳴り方で聞いていて楽しくない。省電力を追求した結果、ああいう音になっているのではないか、とも思う。30GBの方は、音の情報量が多く、音場感も広い。こちらを好ましく感じたので、miniと比べても大きく、重くなるが、iPod 30GBを選択した。

 今回、nanoではなく、iPod 30GBを選択したことで、ビデオの再生も可能になっている。しかし、RDからPCへの転送がほぼ実時間、MPEG4へのエンコードが、これまた、ほぼ実時間。これではきっと使わないだろうなあ。

 どこで買っても同じ値段ですねえ。

Apple iPod 30GB ブラック MA446J/A
アップルコンピュータ (2006/09/13)
売り上げランキング: 100

« September 2006 | Main | November 2006 »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ