« thinkpad X4 ドック | Main | iPhoneが発表された »

Dec 23, 2006

IPSiO G505 半年経過

 gel jet printer、IPSiO G505を購入後、半年が経過した。これは本来業務向けの製品で、保守契約時のメンテナンスコスト清算のためか、プリンタドライバから参照できる総印刷枚数のカウンタが付いている。本日時点で総印刷枚数は864枚に達した。家庭用プリンタで印刷するには荷の重い枚数だが、メーカーサイトによれば、G505の月間印刷枚数は1,250枚以下に留めるように、となっている。860余枚を月換算すれば、150枚程度しか刷っていないので、プリンタのスペックからは、この程度どうということはない枚数かもしれない。

ジェルジェットプリンタを買った。RICOH IPSiO G505(2006-07-01)
また初期不良引いた… IPSiO G505(2006-07-06)
LBPとの印字品質比較 IPSiO G505(2006-07-10)

 geljet printerの欠点としてよく挙げられる、ヘッドのつまりはほとんど経験していない。せいぜい1,2回程度か。いずれもクリーニングで回復した。

Ca320867r

 カートリッジが大きいだけあって、インクのもちはさすがに良い。今なお製品添付のカートリッジで印刷できている。左がG505用のカートリッジ、右がcanonのBCI-6カートリッジだ。canonの現行機で使われている、BCI-7系列のカートリッジもほぼ同サイズである。家庭用インクジェットプリンタとくらべ、格段にインクの容量が多いため、しょっちゅうカートリッジを交換する必要がないのは、良かった。
 ただし、G505のカートリッジは量販店等に置かれていないので、切れたときにはamazonあたりから通販で購入しなければならない。また、容量が多いだけに値段も高く、一本4,000円ほどする。カタログデータによれば、カートリッジ1本で1,500枚ほど印刷できる、とあるのでまだしばらくはもつだろうが、半年で1,000枚近く印刷するとは思っていなかった。今のペースで印刷すると、春にはインクが切れる。交換カートリッジを買うか、プリンタを買い換えるか、はやくも決断を迫られることになる。

« thinkpad X4 ドック | Main | iPhoneが発表された »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ