« フラッシュメモリチップ暴落中 | Main | panasonic Leica D summilux 25mm F1.4 ASPH 発表 »

Mar 05, 2007

olympus Eシステム新製品、E-410,E-510など発表

オリンパス、デジタル一眼レフ「E-410」と「E-510」を発表(デジカメwatch)

 オリンパスEシステムの新製品が発表された。

 昨年秋から欧州限定で発売されていた、小型軽量のデジタル一眼レフ(以下DSLR)、E-400のマイナーチェンジ版であるE-410と、これをベースに撮像素子シフト型の手ぶれ補正機能を盛り込んだ、高機能機のE-510が日本市場に投入される。両機はコンポーネントの多くを共用する兄弟機で、どちらもDSLR入門機のポジションとなる。

 ボディの印象はE-1やE-500とはかなり異なる。

 E-1やE-500は上から見るとL字型をしている。一般に銀塩フィルムのSLRでは、ボディ左手側にフィルムを装填する。このため左側が張り出し、上から見るとT字型となるのが通例だった。E-1やE-500では、この張り出しを切り落したデザインがなされ、銀塩からの断絶が表現されていた。

 E-400、410、E-510では、張り出しが復活している。上から見ると銀塩SLRと同じく、T字型をしている。全体的に柔らかな線で構成されていることもあり、どちらかといえばクラシカルな雰囲気が感じられる。
 クラシカルな、を、保守的な、と言い換えてもいい。多くの消費者がもつ、一眼レフカメラのイメージ通りにデザインされており、消費者に解釈を求めない平易さに満ちている。良くも悪くも普通のデザイン、といったところだ。

 ただ、E-410は非常に小さい。ボディのサイズは銀塩SLRと大差ない。それも、AF化で肥大化する以前のものと遜色ないサイズである。見た目の目新しさはないが、現物を手にしてみれば納得のゆくデザインなのかもしれない。小型であること自体が、今回発表されたボディの存在理由であるようにも思える。


オリンパス、「E-1」後継機と新レンズ4本を2007年に順次発売(デジカメwatch)

 同時に、E-1後継機および、交換レンズ4本の追加がアナウンスされた。ボディはまあ、置いておいて、交換レンズには興味を惹かれた。以前から噂は聞こえていたが、今回、12-60mm f2.8-4.0の存在が明らかになった。135換算で24mmとワイドなのが魅力だ。

 ただ、5倍とズーム倍率が大きい。高倍率のズームレンズは利便性が高い半面、画質の面では不利になる。同じグレードの現行品である、14-54mm f2.8-3.5と比べてどの程度の画質が確保できているか興味深い。とはいえ、12-60mmには、5倍ズームの他に、EDレンズ、超音波モータ駆動(SWD)と、高くつきそうな要素がいくつも盛り込まれいる。たとえ写りがよくても手が出ない可能性は多分にある。果たしていくらぐらいになるのだろうか。14-54mmを安く買うことを考えたほうがいいかもなあ。

« フラッシュメモリチップ暴落中 | Main | panasonic Leica D summilux 25mm F1.4 ASPH 発表 »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

E-410の小ささはインパクトがあるし、10万円を切るから魅力的に映るんですけど、E-510はどうなんでしょうね。D80とかK10Dと同じ価格帯となると見劣りは否めないと思います。
12-60mm f2.8-4.0は値段と最大撮影倍率次第ってとこですかね。14-54mm並みに寄れれば、多少高くなってもいいんですけどね。

 入門機であるE-410に機能を足して、上位入門機とでも呼ぶべきE-510を仕立てる、という方法に無理があるのでしょう。Eシステムは中級機が不在なのが困りものです。E-1後継が中級機の価格帯に収まるとも思えず、現行ボディから買い換える先が見えてきませんね。

The comments to this entry are closed.

« フラッシュメモリチップ暴落中 | Main | panasonic Leica D summilux 25mm F1.4 ASPH 発表 »

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ