« 高岳の寒桜 | Main | 横浜中華街で夜景を撮る »

Mar 13, 2007

sigma DP1 PMA07版

【PMA07】“キワモノ"が写真を変える ~シグマ 山木和人社長に聞く (デジカメwatch)

 記事中段に、photokina2006版とPMA07版のDP1の写真が並べられている。ふたつの写真からわかるように、PMA07版には、MFダイアルとホットシューが追加された。MFと絞り優先AEが利用できることから、置きピンで絞り込んでのスナップ撮影がやりやすくなった。

 電子ダイアルがもうひとつ追加されれば、絞り優先AEの使い勝手が良くなるのに、とも思ったが、APS-C(1:1.7なので、実際にはAPS-Cより一回り小さい)に焦点距離16.6mm、開放f値4.0のレンズの組み合わせなので、絞り開放でも被写界深度が深い。近接撮影以外では、絞り値による絵の変化は大きくないと考えられる。開放か、ガッと絞り込むかどちらかになるだろうから、ダイアルでなくても操作性に不都合はなさそうだ。

 現状、サンプルの一枚も上がっていない状況なので、実際どの程度の絵が出てくるのか不安もあるが、開発は画質優先でなされているという。

DP1という製品は、画質が良くなければ存在する意味のない製品です。APS-Cサイズのセンサーを持つコンパクト機という新しい分野を拓くためにも、きちんと高画質をアピールできるものにしたい。

 実写サンプルが出てくるのが楽しみだ。コンパクトデジカメの画質を楽しみに待つ、というのは、そうそうできる体験ではない。

« 高岳の寒桜 | Main | 横浜中華街で夜景を撮る »

コンパクトデジカメ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ