« RICHO IPSiO G505 C,Bインク切れ | Main | RICHO IPSiO G505 Y,Mインク切れ »

Apr 21, 2007

テンキー電卓 elecom TK-DE2UBK

Pict3037r_1

 ノートPCなどで使うUSB接続のテンキーパッドにはいくつか種類がある。

1.PC側のnum lockキーを押さないとテンキーパッドからの入力が効かないもの
2.ドライバを常駐させることで、PC側のnum lockを押さなくても良いもの
3.つなぐだけで、数字入力ができるもの

 (1)のタイプはあまり実用にならない。PC側のnum lockを押すと、テンキーからの入力を受け付けるようになるのと同時に、PCのキーボードのJ,K,Lが1,2,3、U,I,Oが4,5,6といったように、数字入力モードに切り替わる。
 この状態で、内蔵キーボードから"L","O","C","K"と入力すると、"3","6","c","2"と入力されてしまう。lockと入力するには、num lockを外す必要がある。しかし、外してしまうと、テンキーの入力は効かなくなる。num lockのオンオフが煩雑だ。

 (2)のタイプは、この問題をドライバで解決するものだ。内蔵キーボードとは別のキーコードを割り当て、ドライバでキーコード変換をしているのだろう。これならば実用になる。ただし、ドライバ導入の必要はある。


 今回買ってきたテンキー電卓、TK-DT2U(elecom)のテンキー部は、(3)に相当する。大須のDOSパラでバルク品として売られていたもので、パッケージにはドライバをインストールせよと書かれているが、その必要はない。繋げば動く。

 在庫品が放出される際に混乱があったようで、別のテンキーパッド向けの注意事項がパッケージに貼り付けられている。それを読む限り、(2)のタイプ。これじゃ面倒だ、と思っていたが、【 USBテンキー電卓を購入しました 】(モバイルつれづれ日記) で、姉妹製品がドライバ不要とわかり、これも同じだろうと判断して買ってきた。

 記事で紹介されているTK-DT2USと、買ってきたTK-DT2Uは大きさが違うぐらいで中身は同じのようだ。TK-DT2Uの方が大きく、裏側にUSBケーブルを収納するポケットが付いている。その他、機能面での違いはない。windows 2000とXP、どちらでも繋げば動く。


 テンキーつきのキーボードは横幅があって机上で邪魔になる。それを嫌って10キーなしのキーボードばかり使ってきた。普段はそれで支障ないが、実験データを打ち込むのには難儀する。少しでも楽をするために、これを買ってみた次第。当然ながらキータッチは電卓そのもの。PCのテンキーとしては若干違和感もある。

« RICHO IPSiO G505 C,Bインク切れ | Main | RICHO IPSiO G505 Y,Mインク切れ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

なるほど、私はノートPCで使うので小さい方を購入したのですが、大きい方でも問題なく使えるようですね。
柔軟にPCと電卓を切り替えられること、思ったよりSendキーが便利だと思いました。
TBありがとうございました。

The comments to this entry are closed.

« RICHO IPSiO G505 C,Bインク切れ | Main | RICHO IPSiO G505 Y,Mインク切れ »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ