« うどんを食べに、四国まで 2 | Main | テンキー電卓 elecom TK-DE2UBK »

Apr 20, 2007

RICHO IPSiO G505 C,Bインク切れ

 前回予想していたとおり、春を迎える頃にGeljetプリンタのインクが切れた。

IPSiO G505 半年経過(2006-12-23)

 インクが切れた時点での印刷枚数は、1,100枚弱。黒が切れたとほぼ同時にシアンもインク切れとなった。同じカートリッジを用いる姉妹製品、G707-MEの消耗品を紹介するページには、メンテナンス動作でシアンが消費されるとある。

※シアンカートリッジについてはメンテナンス動作で使用する為、上記印刷可能枚数及び価格を設定しております。

 おそらく、G505も同じような実装がなされているのだろう。カラー印刷していなくても、シアンは早くなくなるようだ。

 原因はどうであれ、黒とシアンが同時にカラになるので負担は重い。調べてみたところネット通販では、黒が4,000円程度、シアンが2,500円程度が相場。geljetのインクは店頭で見かけることはあまりない。通販で送料払って取り寄せるのも面倒だなあと思っていたら、ビックカメラで取り扱いがあるのを見つけた。プリンタ本体を買った頃にカートリッジの取扱店を探した時には見当たらなかったはず。見落としていたかもしれないが、最近扱いを始めたのかもしれない。

 手近でインクが入手できるとなると、使い続ける気もしてくる。G505はアウトレット価格で購入しており、インクを補充するよりも、使い捨てしまって、hpのofficejet Pro K550dtnへの買い替えを考えていた。インクのコストと入手の手間があるのに加え、Mac非対応なのが理由のひとつだった。当時は近いうちのMacへ乗り換えを考えていたのだが、その後、E-500を買ってしまって交換レンズを先に買いたい状況にある。Macへの乗り換えが頓挫したことで、プリンタ買い替えも先送りできる。

 Amazonでは取り扱い終了のようで、自前で在庫を持っているのは一部のみ。C,M,Kはマーケットプレイスからの出品のみで、送料がかかる。

RICOH RC-1Y01 GELJETカートリッジイエロー
リコー (2004/02/02)
売り上げランキング: 4574

« うどんを食べに、四国まで 2 | Main | テンキー電卓 elecom TK-DE2UBK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ