« 今更ながら、W31CAのカメラについて | Main | PalmのFoleo »

May 27, 2007

メモリカードリーダライタを買い換えた。MR-DU2A7→USB2-W12RW

 elecomのMR-DU2A7WHから、I-OdataのUSB2-W12RWに買い換えた。

 メモリーカードリーダなんてのは、新しい規格のカードへの対応が必要とでもならなければ、そうそう買い替えないものだろう。この製品は読み込みが早いと聞いてはいたが、日常的にカードからの転送をするわけでなし、買い換えるだけの理由はないと考えていた。今回買い換えてみたのも、例によって、安かったから、というのが理由。

 ところが実際使ってみると、意外に快適だ。RAWの大きなデータでも速やかに転送できる。MR-DU2A7と比べ、1/3ほどの時間で済む。ベンチマークを取ってみても、ほぼ3倍のスコアを示す。

MR-DU2A7
Read Write RRead RWrite Drive
6646 6876 6533 2612 F:\100MB

USB2-W12RW
Read Write RRead RWrite Drive
16931 14657 14791 4255 E:\100MB

 どちらもTranscendの2GB CF(TS2GCF120)で計測した。カードは違うが、デジカメwatchでのベンチと比べるとかなり速い。

デジカメアイテム丼 アイ・オー・データ USB2-W12RW(デジカメwatch)

 記事中では、8MB/s程度のスコアしか出ていないが、手元の環境では、ベンチでも、ファイル転送の実測でも16MB/s程度は出た。

I-O DATA USB 2.0/1.1接続 16メディア対応 マルチカードリーダーライター [USB2-W12RW]
I-O DATA USB 2.0/1.1接続 16メディア対応 マルチカードリーダーライター [USB2-W12RW]

« 今更ながら、W31CAのカメラについて | Main | PalmのFoleo »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ