« Amazonでペリエを買う | Main | メモリカードリーダライタを買い換えた。MR-DU2A7→USB2-W12RW »

May 25, 2007

今更ながら、W31CAのカメラについて

 05年5月発売の携帯電話に関して今更あれこれ書くのもどうかと思うが、修理中の代替機として一世代古いW21CAを借りてあれこれ感じるところがあったので、記録がてらまとめておく。

 W21CAは、借りてすぐに使い方を把握できた。W31CAとまるっきり同じ作りだからだ。プリインストールの待ち受けやタイルメニューのfalshが異なる程度で、UIは完全に共通といっていい。異なるのは、事実上カメラの画素数のみだ。W21CAのハードウェアソフトウェアはそのまま、カメラだけ200万画素CCDから300万画素CCDに積み替えたものがW31CAということになる。

 そのカメラだが、W21CAの200万画素カメラの方が明らかに使い勝手がいい。画質面でも、W21CAの方が良好な描写をする。同一条件で両者を撮り比べてみたが、W21CAが1/20秒のシャッターを切れる場面で、W31CAは1/11秒となる。W31CAはW21CAの半分の感度しかないわけで、W31CAでぶれないように撮るのは無理だ。W21CAでも相当厳しい。この点でW21CAへの評価は"D"、W31CAへの評価は"D-"。

Ca310016W21CAにて撮影、シャッタースピード1/20秒、地下街、蛍光灯下。
 
 
Ca320002_2W31CAにて撮影、シャッタースピード1/11秒。双方ともリンク先は回転のみでリサイズなし。


 また画像の保存にかかる時間に相当な差がある。これがW31CAの使い勝手に影を落としている。大雑把にいって、W21CA比で5割増。ファイルサイズはW21CAの700KB内外に対して1.2MB内外となるので、ファイルサイズが増えた割合で遅くなっている。手ぶれしやすい上、撮りなおしに時間がかかることは、手軽さを旨とすべきケータイのカメラとして失格だ。

 さらに、W31CAは画面中央部と画面周辺部の色むらが激しい。中央部は赤く色づき、周辺部は緑がかる。W21CAでも多少そうした傾向は見られるが、W31CAは構図の自由度を奪うほど色むらが乗る。日の丸配置でないと色むらがはっきりと視認できてしまう。

 以前、W41CAのカメラを評価した。

W41CA カメラの画質について
Feb 11, 2006

 W41CAは撮像素子をCMOSに変えたことで画質が落ちたと結論づけていた。今回W21CAを使ったことで、W31CA、W41CAと二機種つづけて画質は落ちているということがわかった。

 現行機種であるW51CAはどうかというと、あまりサンプルを見る機会がないので結論めいたものは出せないが、これまで見たところではCMOSの悪癖はかなり押さえ込んでいるように見える。次に出るW52CA、W53CAは、カメラの画素数が異なる兄弟機で、W21CAとW31CAと同じ関係だ。プロセッサをはじめとしたハードウェア、そしてソフトウェアは同じで、200万画素と500万画素とカメラ周りだけが異なる。当然、W53CAはプロセッサへの負荷が重くなるため、レスポンスよく撮影できるか、必要な感度、階調を確保できているか注意が必要だ。また、画素数が多いぶん、レンズへの精度要求も厳しくなる。周辺部の描写にも注目すべきだろう。

2軸ヒンジで防水対応のワンセグケータイ「W52CA」(ケータイwatch)
5MカメラとワイドVGA液晶の“EXILIMケータイ”「W53CA」(ケータイwatch)

« Amazonでペリエを買う | Main | メモリカードリーダライタを買い換えた。MR-DU2A7→USB2-W12RW »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ