« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007 posts

Jun 29, 2007

willcom advanced W-ZERO3[ES]と、olympus E-510

 本日6月29日からwillcomのW-ZERO3[es]、WS011SHの店頭での予約受付がはじまった。

Advanced/W-ZERO3[es]予約イベント、有楽町は120人以上が行列
ヨドバシAKIBA店、「Advanced/W-ZERO3[es]」に長蛇の列(ケータイwatch)

 当地の量販店でも、ようやくモックアップの展示がはじまり、サイズや重量を確かめることができた。先代W-ZERO3[es]である、WS007SHと比べると相当に薄く小さくなり、一般の携帯電話とほとんど同じ感覚で持ち運ぶことができそうだ。初代W-ZERO3のWS003SH、[es]のWS007SH、ともに大きすぎたり、分厚すぎたり感じて見送ってきたが、今度ばかりはかなり惹かれている。発売されるのは7月19日。前金は全額、データ定額もしくは、リアルインターネットプラスを付加すれば29,800円。これらなしでは34,800円とのこと。今予約入れてしまうと、ちょうど忙しい時期に納品されてしまうのが悩ましいところ。9月に入ってからかな。

 もうひとつ。
 本日はolympus E-510の発売日でもあり、実機の展示がはじまっていた。4月のオリンパスE-システム新製品体感フェアでも試用はしたのだが、手振れ補正の効果は絶大だ。手持ちでも1/10秒が実用になる。14-42mmの標準ズームだけでなく、ED 40-150mmのF5.6と暗い望遠端でもそれなりの歩留まりが得られる。これは羨ましい。
 手振れ補正のないE-500でも、きちんとホールドできるアングルなら、1/30秒程度までなら別段問題はない。しかし、ちょっと無理な体勢をとると、1/60秒以下でも手振れが目立つようになり、増感せざるをえなくなる。「ここで手振れ補正があったらなあ」と思うことが、今後は増えるだろうな。

Jun 01, 2007

PalmのFoleo

Palm、フルキーボードのモバイルコンパニオン「Foleo」発表(IT media)

 モバイルつれづれ日記経由で、engadget japaneseが訳した会見でのJeff Hawkinsの言葉を知ったが、zen of palm健在といったところで、感慨深い。

10.4インチ画面でこのサイズのノートPCはある。$499のノートもある。だが一台でこのサイズ・価格のものはない。(携帯電話と同期したメールに一瞬でアクセスできる) モバイル・コンパニオンを目指した。ノートPCでは体験できない。重要なのは速いプロセッサではなくシンプルさ。

 Foleoは手持ちのノートPCと大差ないサイズ、大差ない重量で、その点での魅力はない。Thinkpad X40が、268×211×26.9mm(最厚部) 1.24kgに対し、Foleoは270×170×24mmで、1.1kg。奥行きが4cm短いぐらいで、ほぼ同寸だ。
 しかし、一瞬でスリープから復帰し、ソフトの立ち上がりも早いとなると、そこに魅力を感じる。サイズは違えどかつて使っていたpalmは、この点非常に快適だった。そしてこれは、windowsベースでは如何ともし難い。vistaとなればなおさらだ。LifebookPやvaio Uなど小さなPCはいくつも出てきているが、これらに興味をもてないのはこの点がひっかかるからだ。

 ただ、いちばんのボトルネックであるHDDは、フラッシュメモリによるSSDに代替することである程度カバーできる可能性はある。現状では非常に高価だが、メモリの価格下落は早いペースで進んでおり、近いうちに現実的な選択肢となりうるだろう。
2.5インチ/1.8インチ32GBのSAMSUNG製SSDが発売、高速性がウリ 価格は約10万円、インターフェイスはIDE

 それでも、windows PCが一瞬で復帰できたり、ソフトの立ち上げを待たなくてもよくなるようになるとはちょっと考えにくい。ready boostなど早くするための仕掛けは組み込まれているものの、windowsの肥大化は度を越している。MSが提唱しているUMPCは、vistaベースとする限り成功はおぼつかないだろう。UMPC向けの低電力x86プロセッサ、LPIAに注力しているintelは、それを懸念してかLinuxをベースとするMIDを提唱している。


 それはともかく。
 そもそもこうしたデバイスは必要か、という議論がある。USのengadgetのコメント欄にはPCやsmartphoneで充分じゃないか、との意見がかなりある。smartphoneを満足に使えない日本に居ると、それを補完するということ自体も、あまりピンとこない。smartphoneの液晶の狭さに苦労した経験がないので、広い液晶の有り難味が理解しにくいのだ。想定される使い道に対して大きすぎる感はぬぐえない。開けばすぐ使えるという、コンセプトには賛同するんだけどなあ。

« May 2007 | Main | July 2007 »

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ