« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007 posts

Jul 12, 2007

hp35s いち早く購入可能に

 hpのdirect shopや、samson cablesでは、まだ販売が始まっていないhp35sだが、日本のショップで既に購入可能となっていた。

HP 35s 関数電卓 [F2215A] - 7,980円 : July.co.jp フラッシュメモリとHP電卓のオンラインショップ, 株式会社ジュライ

 価格は7,980円と思ったより手ごろだ。それもあってか、このショップの在庫100台余は2日で払底した。古のhp35風のデザインも好意的に受け入れられたのかな。


 amazonでも取り扱いが始まる模様。

HP 35s 関数電卓
HP 35s 関数電卓
posted with amazlet on 07.07.18
ヒューレット・パッカード
売り上げランキング: 5223

Jul 10, 2007

今度は缶ペリエ

P7102302_resized

 今度は缶入りのペリエを買ってみた。350mL 24本で2,650円。1本110円の計算になる。

 瓶とくらべると若干割高ではあるが、瓶は空き瓶が溜まって仕方ない。資源回収の日まで、瓶が溜まり続けることになる。また、750mL瓶はひとりで飲むには少し多い。チマチマ飲んでいると、最後の一杯はすっかり気が抜けてしまう。それなら、350mL缶の方が良いのではないかということで、頼んでみた。

 封を切ったら早めに飲まなきゃ、ということがないのがいい。炭酸は飲みたいが、アルコールはちょっと、というときに重宝している。


(お徳用ボックス) ペリエ 缶 330ml×24本
ペリエ
売り上げランキング: 12
おすすめ度の平均: 4.5
4 最安値かも
5 手の届くところにきた
5 この値段で配達は素晴しい!が、なんで?

Jul 07, 2007

RPN電卓 HP35s

 米hp社のweb pageで、RPN関数電卓、HP35sの発売が告知された。

Hp35s_f2215aa_400

HP 35s Scientific Calculator


 Hewlett Packardの電卓事業はFiorina CEOの時代に事業撤退の寸前まで至った。製品ラインナップは全て製造終了となり、一時は流通在庫を残すのみになった。正式な発表はなかったものの事業撤退はほぼ確実といわれていたが、しばらくして後継機が発表され、hp電卓の命脈は今日まで保たれている。

 そのとき発売された後継機、hp49GIIやhp49G+、hp33sには、キータッチやキー配列などに難があり、購入するには至らなかった。手持ちのhp32sIIの調子があまり良くなく、寒い日には特定のキーでエラーが出ることがある。買い換えるべき状況なのだが、32sII後継機である33sのキーボードのデザインが気に入らなかった。キーがV字型に配置されているが、これに何か必然性があるのだろうか? 私は合理性を感じることができなかったので、33sを買わずに32sIIを騙し騙し使っている。

F2216a_400

 今回発表された35sは、HP最初のポケット関数電卓であるhp35を意識したデザインだ。hp35はこんな形。

Front view of the first production version of the HP-35 (The Museum of HP Calculators)

 35sの復古調なデザインもあまり気に入らないが、33sよりは許せるような気がする。
 少なくとも、33sと比べて合理的なキー配置は評価できるからだ。逆ポーランド方式ではenterキーの使用頻度が高い。そのenterキーが打ちやすい位置にあり、他のキーより大きい。古いデザインをなぞったほうに、より合理性があるということには溜息が出る思いだが、使いやすければそれでよしと考えることにしよう。

追記
RPN電卓 HP35s購入(Apr 17, 2008)

Jul 01, 2007

Owltech OWL-612-sltのビビり音対策

 ミニタワーケース、OWL-612-slt/430を使っている。機能面や通風は良好なのだが、側板からのビビり音が気になる。対策するとなると、マザーボードを外す必要があり、永らく放置していたが意を決して対策してみた。

 ケースを開けてマザーボードを外す。当初は外板の裏側に鉛テープを貼る予定だったが、マザーボードシャーシが邪魔で外板の裏側に手が入らない。外から貼るのは、あまりにも不恰好だ。どうしたものかと考えつつ、カラのケースを叩いて音のでそうなところを探してみると、矢印で示したシャーシの窓が疑わしい。

612slt31

 ここはマザーボードシャーシを窓の形に打ち抜いただけでなく、シャーシが外板側に曲げられている。曲げられたシャーシの端と外板は、1mmほどしか空いていない。

612slt_41

 音が出ているときに外板を押さえつけると音は止まっていたことからも、ここが原因と考え、隙間を鉛テープで埋めた。

 Pict3075r

 結果、これで正解。外板の鳴きは止まった。フロントパネルに伝わる振動も減り、パネルが鳴ることもなくなった。

« June 2007 | Main | August 2007 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ