« citizenのBluetoothウォッチ | Main | ドラゴンズ日本一セール »

Oct 29, 2007

各務ヶ原でBlue impulseを撮る

Pa282848_resized

 航空自衛隊岐阜基地の航空際には、例年Blue impulseが来場して展示飛行が行われている。岐阜基地はエプロンが北側、滑走路が南側という配置で、アクロバット飛行は滑走路の南側の木曽川上空を中心に行われる。


大きな地図で見る

 展示飛行は14時頃に行われるので、基地からだと大半の演目が逆光になり、写真は撮りにくい条件だ。掲載した写真は北側から滑走路上空へ編隊で進入するところを捉えたもの。いささかタイミングが早かったため、最左翼の機が管制塔の影に隠れてしまっている。このアングルはほぼ完全に順光なので、olympusらしい濃い青色を狙って仕上がりモードを"vivid"に設定、露出は-0.7EV補正した。ちょっとあざとい気もするが、Kodak KAF CCDらしい色合いが出せたと思う。
 焦点距離は17mmで、135の34mm相当となる。望遠側一杯でも90mm相当にしかならないため、小さな気体を引き寄せることができず、多くのカットを広角側で撮影した。逆光が多いため、zuiko digital 14-45mmの弱点である虹色のフレアが出たカットが相当数あった。また、カメラを振り回すせいか、ゴミの写り込んだカットがいくつか見られた。頃合を計ってダストリダクションを作動させていたため、同じゴミの写り込みは数枚程度で済んでいる。

 今回感じたのは、中望遠域はあまり使い道がないなあ、ということ。135換算100mm程度では、被写体を引き寄せるには力不足で、さして面白い絵が撮れるわけでもない。135換算300mm以上あれば、撮れる世界は変わってくるのだろうが、90mmが120mmになったところでほとんど変化はない。
 今度olympusが発売する、zuiko digital 12-60mm SWDを検討しているが、標準ズームを買い換えても、さして面白みはないかもしれない。全般的な画質の底上げは期待できるが、それだけとも言える。それよりは、使用頻度の高い広角側の画質向上にターゲットを絞って11-22mm、もしくはこれまでと違う絵が得られる望遠側、ED 50-200mmに手を出す方が面白いのではないか、と思う。
 
 
 画質の割には現実的な価格。その点は魅力的だが、かなりサイズは大きく、持ち出すのに気合が要りそう。航空祭のように、撮影主体のときはこの程度どうってことないのだが、観光しながら持ち歩くにはちょっと大きすぎる。
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5

« citizenのBluetoothウォッチ | Main | ドラゴンズ日本一セール »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

各務原行ってたんですか。ああいうの撮るならたしかに12-60mmじゃあ中途半端ですね。ED 50-200mmは魅力的ですが、実物見ると大きさに気後れしてしまいます。コンパクトな望遠レンズというと最近出たシグマの70-300mmなんてのもありますが、あれなんかどうですかね。手ぶれさえなんとかすればテレマクロっぽい使い方もできそうですし。何といっても値段が魅力。

あ、シグマじゃなくてZDですね。勘違いしてました(汗)

レンズエレメントはシグマ70-300mm F4-5.6 APO DG MACROそのものですけどね>>ZD ED 70-300mm

シグマの70-300は、望遠端の描写が相当甘いため、ZDにもあまり期待していませんでした。先週の金曜日に発売となり、サンプルがぼつぼつ上がりはじめていますが、思ったより良いです。

シャープな描写はしませんが、あれはあれで使える範囲内だと思います。値段を考えれば悪くないと思います。

The comments to this entry are closed.

« citizenのBluetoothウォッチ | Main | ドラゴンズ日本一セール »

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ