« ソフトバンクとauのサービスエリア | Main | S60版 Google maps »

Oct 12, 2007

Bluetoothって便利

 これまで使っていたauの携帯電話、W31CAにはUSBクレードルが付属していた。携帯電話を置くだけで、充電とUSB経由の接続ができる。Pict3238r
別売りのシンクロソフト、Mysync suiteやMy sync Bizを使えば、PCとデータのシンクロや写真の取り込みも、自動化できる。これはこれで便利と思って使っていた。PCとデータのやりとりするたびに、メモリカードを差し替えたり、ケーブルを繋がなければならない端末よりは随分と便利なので。

 ところがBluetoothのもたらす利便性はUSBクレードルのそれを軽く吹き飛ばした。
 ケースに入れたままでも、カバンに入れたままでもシンクロができる。端末に手を触れる必要すらない。
 どうせ毎日充電台に置くんだし、USB経由でも同じじゃないかと思っていたが、実際使ってみると、クレードルに端末を置くという一動作が減ることが思いのほか快適だった。

 これには、E61の充電間隔が長いことも影響している。E61とW31CAは、バッテリの容量が倍も違う。それぞれ1,500mAh 3.7Vと、740mAh 3.8Vだ。消費電力が同じなら、E61の充電間隔はW31CAの倍程度になる。E61は無線LANやBluetoothを内蔵しているため、消費電力の点では条件が厳しいのだが、自分の使用条件ではW31CAよりもちがいい。比較対象となるW31CAのバッテリは4月に交換したばかりで、ヘタリの影響はほぼ無視できる。要は設計思想が違うということなのだろう。auは実用性よりも、より多くのギミックを詰め込むことに注力しているように見える。Mysyncは、Bluetooth経由でのシンクロができない。


 PCとのシンクロソフトにしても相当の格差がある。auのMy syncは、2003年8月のMy sync suite発売以来進歩を止めている。端末側のPIMもほぼ変化がない。to-doには優先順位がつけられず、メモのシンクロもできない。Nokia PC Suiteではどちらもできる。アプリのインストールや、mp3、AAC、wavの転送もD&Dで可能だ。PCの常識がそのまま通用する。端末にbluetoothが入っていればそれで良いということではなく、快適に利用できる環境が整っている。

« ソフトバンクとauのサービスエリア | Main | S60版 Google maps »

ケータイ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ