« softbank X01NK 契約1ヶ月経過 | Main | windows2000で第5世代iPodのfirmware更新をすると、転送したはずの曲が見えなくなる »

Nov 17, 2007

E-3体感フェアに行ってきた

オリンパス、全国7都市で「E-3体感フェア」を開催(デジカメwatch)

 当地でも「E-3体感フェア」が開催された。E-3はすぐ買えるような値段ではないので、ひとまず置いておいて、交換レンズを重点的に見てきた。

 まず、懸案の12-60mmSWDと、11-22mmの比較。広角端での歪みを比較する。元画像の上1/3だけをcropした。

Pb173798r_1122a
ZUIKO digital ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD (-0.3EV F/2.8 1/80s 12mm ISO200)

Pb173800r_1260a
ZUIKO digital 11-22mm F2.8-3.5 (F/2.8 1/80s 11mm ISO320)

 一見して11-22の方が歪曲収差が少ないことがわかる。どちらも壁にピントを合わせたわけではないが、壁は被写界深度のうちと見てよい。別のボディで撮影したため、片方のボディのみマイナス補正がかかってしまった。このため、ISO感度を揃えることができず、双方の粒状度が異なって判別しにくいが、11-22の方が鮮鋭度が高いように見える。広角域の画質は11-22の方が有意に良いと言える。5倍ズームより2倍ズームの方が描写が良好なのは当然なのだが、やはり原理原則どおりということか。
 操作性は、ほぼ同等だ。11-22はフォーカスリングの回転角が少ないため、14-45のように延々とリングをまわさなければならない、ということはない。AFのスピードではSWDに敵わないが、広角域ではあまり問題にはならない。

 ただ、ズーム倍率が小さいことは当然利便性に影響する。12-60ならば、ここまで引き寄せられるが、
Pb173799r_1260_60
ZUIKO digital ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD (F/4 1/40s 60mm ISO800)

 11-22では、同じ立ち位置からはこれで一杯だ。
Pb173802r_1122_22
ZUIKO digital 11-22mm F2.8-3.5 (F/3.5 1/50s 22mm ISO800)


 ならば、マクロも必要になるだろう、と35mm F3.550mm F2を比べてみた。F3.5での描写を比べてみた。
Pb173713r_3535
ZUIKO digital 35mm F3.5 (F/3.5 1/400s ISO100)

Pb173724r_5035
ZUIKO digital ED 50mm F2.0 (f/3.5 1/400s ISO100)

 35mm F3.5の方が、若干ボケに芯がある。また、50mm F2の方がピント面内の描写がシャープだ。中央付近はわかりにくいが、周辺の花びらのピント面を見比べてみると違いがわかる。細かいことをいえば、50mm F2の方が優秀なのは確かだが、価格差を考えれば、35mm F3.5のC/Pの高さが光る。
 ただ、焦点距離が短い分、ワーキングディスタンスは明らかに短くなるので、使い勝手の面では50mmの方が勝る。35mmはフィールドでは、レンズやボディの影が落ちないよう注意が必要になると思う。

 50mm F2は、絞りを開けてさらにボカすことができるが、この被写体に対しては、ちょっとやりすぎかなあ、という気もする。

Pb173722r_502
ZUIKO digital ED 50mm F2.0 (F/2.0 1/1250s ISO100)
 
 
 リンク作成時点で、24,230円。この値段でこの描写は破格だと思う。135換算70mmで、一般撮影にも使える。
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro


 こちらは、55,580円。3535と比べると高く感じるが、135換算100mmで適度なワーキングディスタンスが確保できる上、F2.0と明るく、作画上の自由度が高い。描写も良好だ。
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

« softbank X01NK 契約1ヶ月経過 | Main | windows2000で第5世代iPodのfirmware更新をすると、転送したはずの曲が見えなくなる »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
一番最後の作例はスゴいピントのきかたしてますね。
ジャスピンなのはさすがです。


No Mobile,No Life.さん

マクロ撮影でライブビュー10倍拡大の威力は絶大です。

撮影距離は40cm程度なので、開放での被写界深度は2mmほどしかありません。それでも、三脚に据えてライブビューを使えば、簡単にピンを出すことが出来ました。ファインダも改善されているのですが、ここまでeasyではありません。

50mm F2、いいですね。3535があるのでマクロに追加投資するのはだいぶあとのことになると思いますが。
11-22mmもこれと組み合わせれば、マクロと中望遠域の心配はしなくてよくなるから、いいかもしれませんね。どちらもわりとコンパクトなレンズだから、持ち歩くのもそれほど苦にならないし。

3535とくらべるとちょっと高いのですが、実売6万以下とそこそこ現実的な値段ですし、悪くない組み合わせだと思います。

今回いろんなレンズを試してきたわけですが、逆にこれはないなあ、と思ったのは50-200SWDでした。実売10万以下で135換算400mm、描写も良好と、ここまではいい感じなのですが、現物を手にしてみると大きいこと。あれじゃあ、使える状況が限られますよ。航空祭など、撮影目的で行くところならいいのでしょうが、ついでに持っていける域を超えています。

そうですね。たしかに50-200SWDは気合が入っているとき以外は使えなさそうですね。
ところで、今日だけか、今日からなのかわかりませんが、AmazonでZDが安くなってますよ。11-22mmが72,680円とか。

ビックではたしか、83,370円の13%還元でしたよね。価格.comの最安値も下回っていますか…

あ、在庫残り1本ですね。

The comments to this entry are closed.

« softbank X01NK 契約1ヶ月経過 | Main | windows2000で第5世代iPodのfirmware更新をすると、転送したはずの曲が見えなくなる »

blog内検索


ad

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ