« レンズキャップ OLYMPUS LC-72B | Main | ケータイ遍歴 »

Jan 25, 2008

マグニファイヤーアイカップ OLYMPUS ME-1

E-500+ME-1 E-500+EP-5

 左がME-1、右が標準添付のEP-5。ME-1はいわば1.2倍のガリレオ式望遠鏡だ。鏡筒の長さぶん後方に突出する。

 コンパクトデジカメでファインダ内を撮影した。左が使用時、右が非使用時である。ME-1使用時は像倍率が上がっているが、アイポイントが短くなるので、隅がけられ右側のデータ表示が欠けている。
ME-1使用時 標準

 メガネをかけているときの使用感はこれに近い。倍率は上がるが視野が狭くなる。視点をズラすことでデータ表示の読取りはできるが、一度に見渡すことができない。

 これに対し裸眼のときは、ケラれることなく、データ表示も読取れる。EP-5のようにファインダ視野外を覆う形状ではないので、余計なものまで視野に入って気が散るとの指摘もされているが、それはあまり感じなかった。アイピース上縁を眼窩上縁と一致させるような位置関係でファインダを見れば、ファインダ視野の外側が見えることはない。付けていて邪魔になることはないので、裸眼もしくはコンタクトを使っているならば、お勧めできると思う。

 マグニファイアには、ピントの山をつかみやすくする効果もあるのだが、現在広角レンズをメインにしているので、シビアなピント合わせが必要になることが少ない。14-45の望遠端で試したところでは、ピントの「山」を掴み易くなったように感じた。フォーカスリングを回していったときに、ピントが合ったと感じる範囲が有意に狭くなる。この点は、望遠なり、マクロレンズなりを買い足したときに、再度評価してみるつもりだ。
 
 
 現状Amazonでは、3,750円。この値段に値するかは、微妙なとこですね。11-22mmを使う分には、あまり必要性は感じません。

ME-1 アイカップ
ME-1 アイカップ

« レンズキャップ OLYMPUS LC-72B | Main | ケータイ遍歴 »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ