« ケータイ遍歴 | Main | フルタイムライブビュー搭載、SONY α350 »

Jan 29, 2008

Owltech OWL-612-slt、HDD二台搭載時のうなり対策

 自作PCにHDDを増設して二台にしたところ、耐え難いほどうなりを発するようになった。

612sltsw430_4 OWL-612-SLT/430のレール式ドライブベイに、HGSTのDeskstar T7K250 HDT722516DLAT80を一台追加し、二台入れた。同じHDDを二台並べたのが悪かったのかもしれない。騒音のピッチや周波数成分が同じなため、うなりが生じた。ケースに組み込む前、レール式ドライブベイにHDDを組み付けた状態で既にうなりを発している。それがケース本体に伝わり、側板、天板を震わせ、やかましい。鳴りっぱなしならまだしも、うなりは数秒単位で周期的に音量変化を繰り返す。こういう騒音は耳に付いて集中を妨げる。
 
 
Pict3412r 少し前、制振のため、レール式ドライブベイに鉛シートを貼ってみたが、貼れる面がいくらもない。上面、下面はケースとの摺動面になるため、外面に張ることが出来ない。内面はドライブとのクリアランスが少なく、何層も重ねられない。結局、側面にしか張ることが出来ず、ほとんど効果が得られなかった。

 この状態でしばらく使っていたが、遂に業を煮やして対策した。片方のHDDをレール式ドライブベイから外し、固定ベイに移動した。3.5inchのシャドウベイがあるので、一台をそちらに移した。

 結果、うなりはほぼ気にならないレベルに落ち着いた。同型のHDDを複数搭載したときのうなりは過去にも経験がある。複数のHDDを一台のPCに入れるのはできるだけ避けたほうが良さそうだ。ふだんは大容量のHDD一台で運用し、バックアップ用にリムーバブルHDDを用意する、という方針で運用するのがベターだと思う。

 しかし、Silentを謳うケースで、騒音対策に四苦八苦するというのも難儀な話だ。昔のケースと違って素材の板厚が薄くなっているため、共振が起きやすいのには閉口させられる。ケースファンや電源は、確かにsilentなのだが、振動には弱い。

遊手徒食:Owltech OWL-612-sltのビビり音対策(Jul 01, 2007)

« ケータイ遍歴 | Main | フルタイムライブビュー搭載、SONY α350 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ