« 梅が咲いた。 | Main | sigma DP1を見てきた »

Feb 26, 2008

Thinkpad X40、Access Connetions 4.xでの無線LAN不具合をfix

・abstract
 結論から言えば、"オンスクリーン ディスプレイ"のバージョン違いが原因。AccessConnections4.xでは、"オンスクリーン 表示5.06"が不具合を起こす。"オンスクリーン ディスプレイ 3.40.x"が必要。

 これを突き止めるまでの回り道が以下延々と続く…sad


・Access connections 4.xで不具合発生

 Thinkpadでインターネット接続は、有線、無線LAN、ダイアルアップまで"ThinkVantage Access Connection"というソフトで一元管理されている。利用場所ごとに作成したプロファイルで、接続先やproxy、通常使うプリンタなどをまとめて切り替えられる便利なものだが、手元の環境では、昨秋公開された4.xで、不具合が起きていた。

 AccessConnections 3.8xでは正常に動いていた。4.xを導入したところ、初回のみ接続できるが、リブートすると無線LANが使えなくなってしまう。無線LAN mini PCIカードはデバイスマネージャでは正常に認識されているが、AccessConnectionからは見えない。
 一度こうなってしまうと、AccessConnetionを外してWindowsの標準機能を使っても接続ができなくなる。通常はFn+F5で無線LANの電源オンオフが切り替えられるが、反応がなくなる。OSDメニュー上で表示とインジケータのLED表示が一致しなくなる。

 こうなると無線LANドライバの削除もできなくなる。"ソフトウェア導入支援"からドライバを削除しようとしても、途中で止まってしまう"ソフトウェア導入支援"の導入済みドライバ一覧に、
"ワイヤレスLAN (IBM 11a/b/g) 4.1.102.1095"
"ワイヤレスLAN (Thinkpad 11a/b/g) 4.1.102.1095"
と、よく似た名前のドライバが二つ登録されているのも怪しい。片方だけ消せることもあるが、もう片方が消せないことが多い。
 
 時として両方の削除に成功することもあるのだが、ドライバを再導入しても無線LANは使えない。こうなるとリカバリするしかない。バックアップツールの"Rescue & Recovery"がよく出来ているので、USB HDDからのリストアで自動的に環境を復旧できる。時間はかかるが復旧は簡単なので、特に原因を追究することなく古いバージョンのAccessConnections を使っていた。3.81なら問題なく使えるのだ。

 そんなこんなで半年が過ぎた。


・無線LANカードを購入

 今使っている無線LANカード(IBM ワイヤレスLAN 802.11a/b/g Mini-PCI カード)はJ52のみの対応で、ファームアップデートによるW52対応もできない。ドライバが二重登録されている疑いがあるので、AC 4.xでの不具合は、mini PCI無線LANカードが怪しい気もする。それもあって、W52に対応できるカードを探していたところ、今回、"FRU;39T0391 ThinkPad用 Intel PRO/Wireless 2915ABG"を見つけた。

 しかし、Intel PRO/Wireless 2915ABG は、Thinkpad X40では使えない可能性がある。Lenovoの部品番号のFRUは違うが、X40で2915ABGが使えない、という情報があった。

41N2992 Intel Pro/ワイヤレス 2915ABG Mini PCI アダプター - サポート対象機種の訂正

 ここで動作しないとされているのは、FRU;41N2992、 見つけた品はFRU;39T0391だ。リビジョンが違うのだろうか?

 一方、X40のパーツリストには、39T0391が載っている。

ThinkPad X40 (MT 2369/2370/2371/2372/2382/2386)保守マニュアル(PDF)

 サポート対象機種の訂正は2006年、パーツリストは2005年版。パーツリストが更新されていないだけかもしれないと思ったが、いっちょ注文してみた。

 Pict3605r

 左が今回購入した、"39T0391 ThinkPad用 Intel PRO/Wireless 2915ABG"
 右がこれまで使っていた、"91P7303 IBM ワイヤレスLAN 802.11a/b/g Mini-PCI カード"

 カードを入れ替えて、PCを立ち上げてみたら、BIOSでハネられた。

 error 1802; Unauthorized network card is plugged in, power off and remove the Mini PCI network card

 FRU 39T0391でも、X40でIntel PRO/Wireless 2915ABGは使えないということだ。


・ソフトウェアの原因追求

 仕方ないので、元のカードに戻し、ドライバ再導入を始めた。

 導入前にざーっとドキュメントを読んでいたところ、ある点に気が付いた。

 AccessConnections 4.5は、導入要件にThinkpad ホットキー機能を挙げている。

ThinkPad ホットキー機能 (Windows 98/98 SE/Me/NT 4.0/2000/XP) バージョン 1.24.0603 以上

 これは三つのソフトを束ねたもので、現行バージョンの"Thinkpad ホットキー機能 Ver.1.31.0610"は、

"オンスクリーン ディスプレイ 3.40.01"
"Thinkapd 全画面拡大機能 1.17"
"Thinkpad Web ナビゲーション キー エージェント 1.11"

から成る。

 自分の環境を確認したところ、後者の二つは同じバージョンのものがインストールされているが、オンスクリーンは、"オン スクリーン表示 5.06.00"という、微妙に名前の違うソフトがインストールされていた。
 Thikpad ホットキー機能のインストーラでは、"オン スクリーン表示 5.06.00"の方が新しいバージョンであるとされ、"オンスクリーン ディスプレイ 3.40.01"は導入されない。

 しかし、ホットキー機能に問題があるとすれば、これまでの不具合に説明がつく。無線LANの電源オンオフはホットキー機能の制御下にあるからだ。ホットキーでの操作とLED表示が一致しなくなるのは、そのものずばり。また、AccessConnectionから非互換の電源操作要求があれば、不具合がおきることもあるだろう。無線LANドライバが外せなくなるのはホットキー機能からドライバを呼んでいるのが原因だったかもしれない。


 そこで、"オン スクリーン表示 5.06.00"を削除して、"オンスクリーン ディスプレイ 3.40.01"を導入、無線LANドライバの

"ワイヤレスLAN(ThinkPad 11a/b/g) (Windows 2000/XP/XP Tablet PC Edition 2005) Ver.4.1.2.156"

を、導入し、AccessConnectionを導入した。

"ThinkVantage Access Connections(Windows 2000/XP) 4.50"

 
 これで、AccessConnections 4.xも含め正常に動作するようになった。"オン スクリーン表示 5.06.00"がどこで入ったのかは謎だ。

 しかし、Intel PRO/Wireless 2915ABGは、完全に無駄になったなー

« 梅が咲いた。 | Main | sigma DP1を見てきた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ