« 英語キーボードでATOK2008 | Main | ASUS EeePC 900発表 »

Apr 14, 2008

willcom D4発表。あまり興味がわかない。

ウィルコム、世界初のVista/Centrino Atom搭載通信端末「WILLCOM D4」

 最近出てきたUMPCはどれもそうだが、これも液晶の回りの額縁が太い。
 キーボードを閉じた状態でも液晶左右のポインティングデバイスで操作ができるということなのだろうだが、そんなものいらないから、筐体を小さくするか、液晶を大きくして欲しい。どちらかと言えば後者かな。高いコストをかけて筐体を小さくしてもらっても、両手で打てないキーボードになるのなら、smartphoneでいいや。LooxUが幅171mmで、D4の188mmに近いサイズだ。D4のキーボードは左右に額縁があるので、キーピッチはほぼ同じだろう。LooxUのキーボードは、自分には小さすぎる。

 vistaというのも大きな減点ポイントだ。メモリ1GB、1.8inch HDDじゃあ、遅いのは目に見えている。今度出るというEeePCの8.9inch版は、どうやらXPプリインストールのようなので、そちらの方が期待できる。

 この分野では、hp 2133 mini-note PCにも期待していたが、具体的な寸法が明らかになって熱が醒めた。8.9inch液晶なのに太い額縁が付いていて、数字が出てくる前からイヤな予感はしていたが、横幅は255mmもある。Thinkpad X40の横幅が268mmなので、これじゃサブにならない。OSもwindowsモデルはvistaのみ。選択肢にもならない。

« 英語キーボードでATOK2008 | Main | ASUS EeePC 900発表 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ