« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008 posts

Jun 30, 2008

SBM 814Tの不可思議な実装

 SBMの814Tは2007年7月発売の東芝製端末だ。以前使っていた、auのA5529Tは、2007年10月発売で、ほぼ同世代の端末といえる。しかし、814Tの方が使い勝手が悪い。文字サイズを変更する一連の動作で示してみよう。

 下の写真はセンターキーを押すと出てくる、メニューの第一階層だ。
メニュー第一階層

 
 設定を選択し、第二階層に入る。
ニュー第二階層

 画面設定から、文字サイズ変更のメニューに入る。偽色が目立つがご容赦願いたい。
文字サイズ変更

 通常使う文字サイズを中に変更する。
文字サイズ中へ

 変更された旨、ダイアログが出る。
設定しました

 A5529Tは、一階層手前の文字サイズ変更のメニューに戻るが、814Tは待ち受け画面まで戻ってしまう。
文字サイズ変更メニューと待ち受け画面

 文字サイズをまとめて変更するショートカットはあるが、設定の度に待ち受けまで戻られてしまうと、用途別に文字サイズを設定するのに相当手間がかかる。

 不便な仕様だが、これで統一されていれば、そういう設計思想なんだな、と納得できなくもない。しかし、待ち受け画面の選択では、設定後、一階層手前に戻る。UIを設計する上で、場面によって操作に対する結果が違うのは、好ましくない。なにか理由があってのこととは考えにくい。仕様書に不手際があるのか、実装がまずいのか、整合性が取れていない。

 au端末ではこういう齟齬はあまり見かけないように思う。auはKCP導入以前からソフトウェアの共通化を進めていた。メーカーが違ってもUIはほぼ同じだった。共通のソフトウェア基盤が多くのプロジェクトで繰り返し使われることで、おかしな仕様が排除されやすい環境にあるのだろうか。

 また、文字表示の品質にもかなり差がある。
 814Tはフォントにアンチエイリアシングがかかっていないが、A5529Tにはかかっている。
814Tアンチエイリアシングなし

A5529Tアンチエイリアシングあり

 まず、双方に、半角カナはやめろな、と思う。半角カナはどうにも虫が好かないので、普段は英語モードで使っているぐらいだ。

 それはさておき、アンチエイリアシングのありなしで、随分と印象が違ってくる。アイコンや背景のデザインの差もあるが、A5529Tの方が品が良いように見える。

 814TとA5529T、どちらも低価格のローエンド端末だが、ディティールの作り込みに相当に差を感じた。814Tだけでなく、812SHもさわったことがあるが、各社ともSBM向け端末は、手を抜けるところは片端から手を抜いているなあ、と思う。

Jun 29, 2008

OSXの移行アシスタント

 Firewireケーブルを買ってきて、移行アシスタントを試してみた。

 データ移行元のMacをターゲットディスクモードで起動し、移行先のMacにコピーするという仕組みだ。このとき、移行元のMacはFirewire接続の外付けHDDをエミュレートする。ドライブが複数搭載されている場合、システムの入った一台目のドライブしか見えない。

 うちのPowerMacG4は二台目にデータを入れていた。なので、移行アシスタントではデータがコピーできない。結局、最初に戻って、手作業でデータをコピーした。iTunesは、ユーザ/ユーザ名/ミュージック/iTunes/にある、"iTunes Music Library.xml"と、"iTunes Library"をコピーして、その下のiTunesフォルダにライブラリを移せばよい。

 iPhotoは少々面倒で、旧版では、ユーザ/ユーザ名/ピクチャ/iPhoto Library/Data/の下に、年/月/日のフォルダにデータが格納されている。これをまとめるのは面倒だ。PowerMacG4から転送するのは諦め、PCから転送した。
  iPhotoでは、一度に読み込んだ複数の画像をひとまとめにして「ロール」と呼んでいる。iPhoto6では、ユーザ/ユーザ名/ピクチャ/iPhoto Library/Data/年/の下に、ロール単位で収容される。複数の画像をまとめてドロップしたとき、ロールの後ろにシリアルな番号がつけられて、/年/の下に入る。たとえば、/iPhoto Library/Data/2008/ロール 12/のようになる。フォルダをドロップした場合は、そのフォルダ名が引き継がれる。たとえば、''旅行”というフォルダをドロップしたときには、/iPhoto Library/Data/2008/旅行/となる。

 移行アシスタントは結局役に立たなかった。ドライブ一台だけで完結しているような一般的な環境ででなければ、面倒をみてくれない。ハードウェアにバリエーションがないことを前提とするのが、Macの流儀なのだろう。

 しかし、今回買ったFirewireケーブル。きっともう使うこともないんだろうなあ。

Jun 28, 2008

XPを買いに行ったはずが、Mac miniを買ってきた

Pict3967r_2

 そろそろwindows XPを押さえておくかと、安売りを求めてPCショップを回っていたはずが、Mac miniを買って帰ってきた。

 OSが10.4の旧モデルだ。10.5も一緒に買おうと思ったが、アカデミック版が置いていない。店員によれば、Apple storeでしか扱いがないという。めんどくさいので、そのまま帰ってきてしまった。旧版OSばかり使っていると、最新OSを使いたい、という意欲自体が落ちるようだ。


 さて、ふだんはwindows2000のPCを使っているが、PowerMac G4も持っている。デスクトップとして使うには遅すぎるので、データのバックアップ用に使っていた。PCに入っているデータは全部コピーしてあるので、ここからMac miniにコピーすれば、データの移動は簡単に済む、はずだった。

 OSXには「移行アシスタント」というソフトがあり、古いMacからデータや設定をコピーできる。これを使うつもりだったが、Firewireでの接続が必要だった。手元にFierwireケーブルがない。

 Ethernet経由でデータは移したが、アプリのバージョンによってフォルダ構造が異なっているため、データフォルダにドロップしておしまい、とはならない。データ移行アシスタントを使えば、バージョン違いの面倒も見てくれるのだろうか。

 とりあえず、Firewireケーブルを買いに行こうか。

Jun 23, 2008

SBM扱いiPhone 3Gのミニマムチャージは月額8,240円

iPhone 3Gの利用料は月額7280円~(ケータイwatch)

 「パケット定額フル」への加入が必須なので、基本料金が7,280円となる。メール以外の通信は無線LANで済ませて支払額を安くあげる手は使えない。これに割賦金が加わり、8GBで月額8,240円、16GB版で8,720円がミニマムチャージ(最低支払額)だ。

 今回ホワイトプラン向けに月額利用料5,985円の「パケット定額フル」が新設された。料金はdocomoの「biz・ホーダイ」と同じだ。従来ブループランのオプションプランとして設定されていた「パケット定額フル」とは別物で、内容的には「パケット定額Biz」に近い。両プランとも08年3月31日付けで受付終了となっているが、同じ名前で内容の異なるプランがあるのはややこしい。

 これまでSBMのsmartphoneには月額1,029円~9,800円の、「パケットし放題PCサイトダイレクト」が適用され、日本の携帯電話キャリア中、もっとも割高の料金を取っていたが、これでdocomoとタイになった。

 とはいえ、PC向け定額制より高いのには変わりはない。iPhoneはNokia S60よりずっとPC寄りの端末ではあるのだけど、所詮ケータイに月7,000円以上払うのはなあ。BluetoothやWiFiで接続したPCでも定額利用できるなら、これぐらい払ってもいいのだけれど。

Jun 22, 2008

二度目の非通知ワン切り

814T

 二度目の非通知ワン切りがかかってきた。MNP後、一週間で、だ。今回も未明。撮影時間を見て欲しい。明け方に叩き起こされるのは、我慢ならない。

 未明のワン切りに煩わされるなら、電源を落としておけば良いではないか、という向きもあろう。しかし、814Tは、電源オフではアラームが鳴らない。これソフトバンク端末の共通仕様のようだ。812SHでも同様なことを確認している。

電源オフ時にアラームは起動しません

 これまで目覚ましに使っていたA5529Tは、電源オフでもアラームの時間には自動的に起動した。Nokia E61も同様だ。ケータイではそれがスタンダードだろう。ソフトバンク(もしくは、東芝)にしても、電源オフではアラームが鳴らないことは、ケータイの常識に反していると自覚しているようで、814Tでは、アラームをセットする際に、上のように断りのダイアログが出る。

 また、アラーム動作時の自動電源オンだけでなく、オート電源オン、オフも実装されていない。どちらかでも実装されていれば、睡眠時の着信はシャットアウトできるのに。まあ、どちらの機能もほぼ同じ手法で実装されるため、片方だけ実装されるということはないのだろうが。

 これらの機能が実装されていないのは、スリープ時の省電力ステートの実装をいくつか省略できるからだろう。ソフトウェアがちゃちなのは、見かけだけにとどまらないということか。ネットワーク側で非通知ワン切りを遮断していないことといい、この手の問題は、使ってみてはじめて気づくものだ。買う前には気づきにくい要素はあっさりと手を抜くあたり、いかにもソフトバンクらしい。


 では、ユーザーサイドで対策するとなると、マナーモード時でもアラームは鳴動する設定(マナーモード;アラーム)を使うか、端末側での非通知拒否を使うことになる。前者はマナーモードに例外規定を設けるもので、錯誤を招きやすい。安全側なのは、後者だろう。ただし、私の場合、所詮はセカンド端末なので、非通知拒否でもあまり問題ないが、一台目として使っている人は、なかなか非通知拒否には踏み切れないだろうな。

Jun 20, 2008

XP pro、どうしようか

 windows XP OEM版の供給が、6月30日で終了する。6月30日までXPプリインストールモデルを受注できたり、出荷できるのではないようで、DELLやLenovoは、既にXPプリインストールモデムの受注を終了した。

6月末でWindows XPの一般販売が終了(元麻布春男の週刊PCホットライン)

 自作PC用のDSP版は、09年1月31日まで販売されるそうだが、従来通り、潤沢に供給されるかどうかはっきりしない。各代理店とも、相当量の在庫を積み上げているという話も聞いている。流通にも供給量への不安があるようだ。

 今のうちに押さえておいた方がいいかな、と思いつつ、windows 2000と大差ないのに、二万円はなあ。オンラインストア限定ながら、45,000円も出せば、それなりのPCが買えてしまう。

★Windows Vista Business搭載のタワー型PCが44,940円!!
インテルCore 2 Duo、250GB HDD、DVDスーパーマルチ搭載の充実仕様!
●ThinkCentre M57 Tower (6010A34)
>>Premium(仮)会員価格 \44,940- (税込)

 ソフマップでは、celeron D世代でXPproプリインストールのDELL optiplexが、新古品ながら、32,800円で出ていた。Netburstではあるが、これだけ安ければ興味を惹かれる。

 OEM版の終息でXPに関心が集まるのに合わせてか、DSP版をディスカウント販売するショップもある。

名古屋 - マル得情報! ブログde特価!厳選パーツ(名古屋1号店3F)
① Microsoft Windows XP Pro DSP版FDDセット まとめて買っ得セール併用不可
 Winxppro/DSP/SP2・・・・・・・・・・・・・¥16,800 / 台数制限なし

 1万7千なら、どうにか許容範囲かな、とも思う。 でも、PCにしろ、XP単体にしろ、積極的に欲しいわけじゃない。いい加減、windowsにも飽きました。適当なMacがあれば、こんなことを悩まなくても済むのになあ。iMacは液晶の品質に不満があり、Mac miniは他のMacと比べても割高な上、HDDが2.5inch。Macbookは、あのキーボードとつるつる液晶が嫌い。どうしたもんかねえ。

Jun 19, 2008

さっそく非通知ワン切りがかかってきた

MNP後二日で早速かかってきましたよ、非通知ワン切りが。例によって、早朝に。

Pict3934r

これもX01NKと同じく、auからSBMにMNPした回線だ。auで使っていた頃には非通知ワン切りは一度もなかったが、SBMに移したら、即かかってきた。

遊手徒食;ソフトバンク回線への非通知ワン切りが鬱陶しい(Mar 17, 2008)

いい加減にして欲しいですなー

Jun 16, 2008

ソフトバンク814T、スパボ一括0円

 ソフトバンクには、裏メニュー的な販売方法がある。

 スーパーボーナス一括払い、通称「スパボ一括」と呼ばれており、通常は割賦で払う端末代金を、購入時に一括で支払ってしまう。割賦は消えるが、特別割引は残るので、ホワイトプランの980円が相殺されて、基本使用料は6円だけで済むというものだ。
 そのへんの販売店でも一括払いはいつでも可能だが、812SHや814Tなのローエンドの機種でも30,720円もする。上位機種ではほぼ10万円だ。iPhoneの一括払いも、おそらく7-8万円になるのだろう。

Mobile data bank 機種変更価格表

 割賦で買えば、特別割引でかなりの金額が相殺されるので、ふつうは一括で購入しない。X01NKも、スーパーボーナス割賦払いで購入している。

 ところが、時に一括価格が安くなることがある。キャリアが数を稼ぎたいときや、ショップの目玉商品として、9,800円程度まで下がることがある。今年の春、2月から3月にかけて、全国各地でスパボ一括9,800円が見られた。これまでは大都市に限定されていたが、春商戦でauを抜きたいソフトバンクが営業費用を相当積んだのだろう。名古屋地区や、西尾張地区でも大手家電量販店がスパボ一括セールを毎週末行っていた。

 4月、5月と静かになっていたが、エイデンがナゴヤドームを借り切った、スーパー家電LIVEで、スパボ一括セールをやっていた。


スーパー家電LIVE

 812SH814T820Pが、新規5,000円、MNPで0円と、大変安い。三月にもらってきたauぷりペイドが手元にあるが、案の定使っていない。auのぷりペイドは音声通話にしか使えないので、使い途がほとんどないのだ。これまでの主な使い途は目覚まし時計である。

遊手徒食; auぷりペイド(Apr 20, 2008)

 ケータイ型の目覚まし時計というのも何か空しいものがあるわけで、A5529Tの番号をSBMにMNPして、814Tを買ってきた。目覚まし時計に、おサイフケータイとケータイサイト閲覧機能が付いた。auからのポートアウトで2,100円かかったが、端末自体は無料だ。この後、加入手数料2,835円、一ヶ月目、Wホワイト1,966円、二ヶ月目986円で、三ヶ月目から6円になる。副回線なのでご家族ご紹介プログラムの対象となり、5,000円キャッシュバックされる。差し引き、2,500円ぐらいで一台増やせる計算になる。

 増やす必要はちっともないのだが、これだけ安いと、つい…

 Pict3922r

 814Tは金属製の外装で、プラそうろうのA5529Tより高級感があるのだが、中身は残念な出来。同じ東芝製なのに、ソフトの出来がよろしくない。操作に対してもたつき気味で、プリセットされている待ち受け画面もいまいちセンスに欠ける。

 814TにはAFのカメラが付いているが、撮れる写真の品質はA5529Tと大差ない。フォーカスを検出するのに時間がかかり、シャッターラグが非常に長い。ケータイのカメラとしては、優先順位を間違えているように思う。パンフォーカスのA5529Tの方が、もたつかないだけマシだ。

Dcf_0008
SBM 814T

Ts2e0014
au A5529T

Jun 10, 2008

iPhoneは「パケットし放題PCサイトダイレクト」適用

 ソフトバンクでのiPhoneの料金プランは、やはり「パケットし放題PCサイトダイレクト」になるようだ。

 これはミニマムチャージが月額1,029円で、9,800円が上限だ。そこに至る転送量は14MB強でしかない。対象となるのは携帯電話単体でのブラウズのみ。

 これでiPhoneの購入はなくなった。

 PCもつなげないのに、月一万円はないわ。いくら初期費用が安くても、ちょっと買う気がしない。iPhone向けソフトが使いたくなったら、iPod touchを買いますよ。通信回線は、PHS300(Google search result)みたいなモバイルルータとイーモバで。

Jun 04, 2008

iPhoneはソフトバンクから

ソフトバンク、「iPhone」を年内に発売へ

 未発表の3G版iPhoneの存在をソフトバンクが明かしちゃっていいの? とも思うが、ともかくiPhoneはSBMから出ることになったそうだ。

 SBMの通信コストの高さとパフォーマンスの低さを実感している身には、残念、としかいいようがない。

 smartphone向け料金プランは、docomo、SBM、イー・モバイルが設定している。

 ソフトバンクのsmartphone向けパケット定額制は、パケットし放題PCサイトダイレクトが適用される。月額料金の上限は9,800円、上限に達するまでの通信量は15MBだ。

 これに対し、NTT docomoのBiz・ホーダイは、月額5.985円で定額となる。イー・モバイルのケイタイプランデータセットは月額料金の上限が3,980円、15MBで上限に達する。


 このようにSBMが突出して高い。
 それでも、競合他社を上回るパフォーマンスが確保されていればまだ良いが、各種スピードテストの結果はふるわず、2006年10月に開始したはずの3Gハイスピード(HSDPA)は、一年半以上を経るも未だエリアマップすら公表されていない。手持ちのSBM端末でも、夕方のターミナル駅では通信速度の低下や接続不能を体感している。

 もちろん、smartphone向け料金プランがそのまま適用されるとは限らないが、もしそうなれば、日本でのiPhoneは高くて遅いネットワークに足を掬われることになりかねない。

各種ミニノートが出てきたが、少々中途半端

 EeePC 701や、hp2133 mini-note PC に続き、MSIのWind Notebook U100、ASUSのEeePC901/1000、AcerのAspire oneなどが発表され、$500程度のミニノートが一ジャンルとして確立しようとしている。

 気軽に買える値段でもあり興味はあるが、1kg程度のノートPCでも持ち運ぶのは意外にたいへんだ。PCが入っているかいないかで、荷物の重さが全然違う。バッテリでの駆動時間が短ければ、ACアダプタも持ち運ばなければならない。インナーバッグに入れたりすれば、オプション類で荷物はますます大きくなる。
 HDDが入っておらず、価格も安いとなれば、少々ぞんざいな扱いをしてもよかろうが、持ち運ぶ労力は、12inchノとあまり変わらない。

 そんなわけで、200g台のNokia N810(PC watch)に興味がでてきた。ARMベースのLinux機だが、MozillaベースのブラウザとFlash9互換のプラグインを持っている。これ一台で済ますには難があるが、携帯電話とフルキー搭載のノートPCの隙間を補完するには、このぐらいのサイズのプロダクトが妥当だと思う。OSは必ずしもwindowsを必要としない。PCと同等のブラウザが動けば用は足りる。その点ではiPhoneも良いが、画面解像度が足りないのが物足りない。PCと同じ感覚でwebを利用するには、横1024ピクセルは欲しい。

« May 2008 | Main | July 2008 »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ