« Mac miniでのOSX、思ったより早い | Main | PCがご機嫌を損ねたようで »

Jul 06, 2008

Apple Keyboard (US)からHHKB lite2 for Macに変更

HHKB lite2 for Mac

 注文してあった、PFUのHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac(PD-KB200MA)が到着した。PCで長い間HHKB Liteを使っていたので、このサイズ、この配列に指がなじんでいる。Lite2には独立したカーソルキーが付いているが、今のところ全く使っていない。Liteと同じく、Fnとコンビネーションで操作している。

 キータッチを比べてみると、Liteよりクリック感が強いように思える。ラバードームが座屈するのが伝わってくるようで、少し違和感がある。ただ、Liteは7年も使ったので、経年劣化もあるのだろう。元はこういう、弾むようなキータッチだったのかもしれない。

 HHKB LiteはHHKB professionalでリプレイスするつもりでいたのだが、今回急にキーボードが必要になったので、再びLiteとなってしまった。キータッチはprofessionalの方が好みだが、キーボードに2万円はなかなか出ない。

Apple Keyboard (US) 左の写真はHHKB Lite2が到着するまで使っていたApple Keyboard (US)だ。名古屋ではMac版を全く見かけなかったので、通販で取り寄せた。Mac版は、キートップがMac仕様になっていることと、CD ejectなどをFnキーとのコンビネーションで割り当てられるドライバが添付されているくらいで、ハードウェアはPC用と変わらない。しかし、名古屋でのHHKB lite2の価格は、通販で送料を足したMac版の価格とほとんど差がない。なら、Mac版を取り寄せた方がいいじゃないか、と考えた。
 注文は先週の日曜日で、到着までちょうど一週間かかった。この間、都合一週間Apple Keyboard(US)を使ったが、我慢の連続だった。パソコン付属のキーボードなんて、そんなものかもしれないが、あのキータッチはちょっと許しがたい。横幅も大きく、たいへん邪魔っけだった。Appleのキーボードはデザインはともかく、ユーザビリティは褒められたものじゃないな、と思う。

 HHKBに交換することで必要となる設定はあまりないが、システム環境設定→キーボードとマウスで、修飾キーを変更しておいた方が使いやすい。OSXのショートカットはcommandキーを中心に割り当てられている。カット&ペーストはcommand+C、command+V、Ctrlキー中心のWindowsではCtrl+C、Ctrl+Vで、併用すると指が混乱する。また、commandキーはSPCの横にあって、あまり使いやすくないので、commandとControlを入れ替えた方がいい。ただ、ターミナルではCtrlを使うことが多いので、単純に入れ替えただけでは困ることもあるのだが。

« Mac miniでのOSX、思ったより早い | Main | PCがご機嫌を損ねたようで »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ