« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008 posts

Jul 30, 2008

ソフトバンク814T、評判通りヤワだなあ。

ソフトバンク、チタンボディの「814T」を14日発売 (ケータイwacht)

 チタン素材を採用したことで「高い強度を保持しながら薄型・軽量を実現した」(ソフトバンク)と謳われていた814T。実際に使った人の間では、傷つきやすく、凹みやすいと言われている。

 スパボ一括0円に家族紹介キャッシュバックと、手数料込みでタダ同然だったので、それも承知した上で買ったのだが、評判取り非常にヤワだ。

遊手徒食: スパボ一括0円(Jun 16, 2008)

 一度落としたらあっさりとボディが歪んでしまった。

814Tボディ歪み

 Nokia E61の方も既に2-3回は落としている。しかし、表面処理は剥がれても、ボディに歪みはない。

E61 塗装剥がれ

 同じ金属製ボディでも、 E61とは比べものにならない。

 私の場合、一括0円でテキトーに買ったので、「しょうがねえなあ」で済まされるが、通常契約のスーパーボーナスで買った方は収まりが付かないだろう。
 814Tは2007年7月14日の発売なので、最初に買った方は、購入後一年が過ぎて、割賦の支払いは10回目が終わったところだろうか。割賦金が2,680円なので、残債はまだ37,520円もある。買い換えるには残債を始末しなければならない。それがイヤなら、こんなにもヤワなケータイをあと14ヶ月使わなければならない。

<2008-08-02追記>
 ところで、このモデルの発表会では、薄い端末の格好よさが再三アピールされていた。

ソフトバンクの夏モデル、テーマは「Style」(ケータイwatch)
「日本初のチタン素材。非常に薄くてスタイリッシュなかっこいいもの」(814T)

 見た目は確かに良いのだが、携帯電話が最低限必要な強度を満たしていないのは明らかだ。一見良さそうだが、実は……、というあたり、いかにもソフトバンク的だと感じる。

 かっこよさにこだわった夏モデル、孫氏は「ケータイの機能は今後も追求していくが、それだけでは愛着がわかないのではないか?」と、機能にフォーカスする携帯電話業界について疑問を投げかけた。

 ケータイに限らず、日々持ち運ぶものはいずれ傷つき、古びていくものだ。長い時間をかけて増えた小キズは、一種の味わいとなることもある。使っている当人にとっては、そのモノを使っていた間の個人史が刻みこまれているわけで、古くなってキズが増えていっても愛着は失われない。

 ところが、モノへの信頼が生まれる間もなく、キズだらけ、へこみだらけになるようでは、愛着が生まれるはずもない。814Tの実態を知るに、発表会での孫氏のコメントはとても浅薄なものに思える。

Jul 28, 2008

ケータイのCMOSカメラ

 携帯電話のカメラはなんでこうも写りが悪いのだろう、と常々思っていたが、たまたま不要になった携帯電話を譲り受けたので、処分する前に分解してみた。

130万画素 CMOSカメラ

 撮像面の対角線長は約4.5mm、1/4型と思われる。画素数は130万画素、ピクセルピッチは2.8μmになる。コンパクトデジカメのCCDが、爪の先より小さな撮像面と揶揄されることがあるが、1/4型撮像素子は、マッチの先より小さい。

ケータイカメラとマッチ棒

 これだけ素子が小さくては、光学系に求められる精度は並大抵なものじゃないな、と感じる。中心部しか解像せず、周辺部が激しく流れるのも無理はない。

 出てくる絵を見るに、光学系だけでなく、撮像素子にも難がある。このカメラでの写真は、ダイナミックレンジの狭い、非常に硬調な仕上がりになる。

ケータイ新製品SHOW CASE D703i(フローズンホワイト) 2007年2月2日発売 (ケータイwatch)

 ピクセルピッチは2.8μmある。同時期のコンパクトデジカメに使われている、1/2.5型(対角7.2mm) 720万画素 CCDのピクセルピッチは1.87μmでしかなく、本来こちらの方が条件は厳しい。結果が逆転するのは素子のノイズレベルに差があるからだろう。ケータイ向けCMOSはおそらくノイズレベルが高く、素子のダイナミックレンジのうち、使い物になる領域が狭いのではなかろうか。

 コンパクトデジカメの絵もあまり見れたものではないが、ケータイほど酷くないのは、画質的にある程度画質に気を遣ったコンパクトデジカメ向けCCDと、写ればそれでよしの携帯電話向けCMOSで、目標とする到達点が最初から違うということか。出てくる絵から、おざなりな作りは予想していたが、実際バラしてカメラユニットを目にするとああやっぱりと、がっかりさせられる。

Jul 27, 2008

ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro、 Amazonで品切れ

 AmazonでZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroの在庫が切れた。Amazonのステータスは、「通常1~2か月以内に発送」となっている。これは、要するに品切れ、補充の予定なしということ。マーケットプレイス商品がトップに出てくる。

 これはひょっとすると本当にリニューアルが控えているのも。

 ただ、50-200mmSWDも在庫切れ。旧50-200mm、ED40-150mmの在庫も少ない。ネガティブな見方をすると。AmazonがZUIKO DIGITALの取り扱いを止める兆候なのかもしれない。しかし、11-22や12-60、14-54は潤沢なようなので、どちらに転ぶかははっきりしない。

<2008-07-29追記>
"4点在庫あり。ご注文はお早めに。"
とのことで、在庫復活。

Jul 19, 2008

ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro、アウトレットで出ていたが…

  オリンパスオンラインショップで、50mm F2 macroのアウトレット品が出ていた。

ズイコー-フォーサーズ あれこれ : オリンパスオンラインショップのアウトレットに、、ZDレンズが、、

 こちらのblogで知ったが、時既に遅し。9時半ごろには既に完売していた。手持ちのポイントも使えば、50,000円を切る。価格.comでの最安値が55,500円、amazonでは、57,300円。一割強安く買える。

 とはいえ、金額的には5,000から7,000円ぐらいの差なので、アウトレットと新品の差を考えると、悔しがるほどではない気もする。Amazonでは現在57,300円になっているが、きのうまでは、57,580円だった。去年の11月末に55,580円まで下がったことがあるので、この金額を購入の目安としているが、さて、そこまで落ちるだろうか。


 値段はともかく、ひとつ気になるのは、メーカー直販サイトで、旧製品の50-200mmと一緒に並んでいたこと。近々、50mm F2macroをリニューアルする計画があるのかもしれない。マクロレンズのSWD化なら、あまり意味がないと思うが、35mm F3.5 macroに採用されている円形絞りが入るなら、リニューアルを待った方がいいように思う。


OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

Jul 14, 2008

Mac miniの熱対策

Mac mini熱対策

 Mac miniは相当に熱をもつ。ファンの音を感じないほど静かなのは良いのだが、室温30℃近くになるとCPUの温度は簡単に60℃を超えてしまう。天板は熱いと感じる温度になり、HDDも50℃ほどになる。これは少々不安なので、対策を試みた。

 参考にさせて頂いたのは、こちら。

安くて簡単なMacmini冷却術。 (スピリカ作業小屋ブログ)

 L字型のスチール製ブックエンドをMac miniの下に敷いて、適当なアルミ金具でかさ上げした。

 放熱板

 簡単な方法だが、効果があった。熱かった天板は人肌程度となり、測定値もおおむね40℃台に収まるようになった。

 Mac miniはコンパクトにまとまった、一種、潔いプロダクトだが、Apple製品の常で実装に余裕がない。信頼性を考えれば、ここまで小さくするより、もう少し放熱に気を遣った方がいいと思うのだが。

Jul 13, 2008

iPhone 3Gの通信速度

 Apple store 名古屋栄に入ったら、iPhoneがあった。販売はしていないが、展示はしているとのこと。早速触ってみたが、やっぱり通信速度が相当に遅い。無線LAN経由でネットに繋がっている、iPod touchとは雲泥の差だ。

 実際どの程度スピードが出ているのか、スピードテストを試みた。すこし前、イーモバイルの回線速度を測定したのと同じ、gooスピードテストを開いてみた。

遊手徒食: イー・モバイルのデータカードを契約、スピードテストをしてみた。(Jul. 1, 2008)

 しかし、Flashに対応していないため、測定アプレットが使えない。そこで、BNRスピードテストの画像読み込み版を試してみた。

 結果は4.54Mbps。ソフトバンクのHSDPA網は7.2Mbps対応していないので、この数字は明らかにおかしい。たぶん、自分より前に同じことをした人がいて、画像がキャッシュに残っていたのだろう。キャッシュ消去の方法がわからなかったので、通信速度の絶対測定はできなかった。

 safariを使った感覚では、willcomのD4とさして変わらないように感じた。せいぜい200kbps程度しか出ていないのではなかろうか。ソフトバンクはHSDPAエリアマップを公開していないので確たることは言えないが、中区栄が「東海/名古屋市および周辺の主要都市」に含まれないということはなかろう。HSDPAエリアでこの程度しか出ないでは困ったもんだ。月8,000円以上払ってこれではなあ。

 ただ、アンテナピクトは5本中3本だったので、電界強度が不足している可能性もある。Apple store Nagoya Sakaeは、RC造のビルの一階で、iPhoneの展示ブースは奥まったところだ。Nokia E61でもアンテナピクトは7本中5-6本だった。

Jul 12, 2008

hp2133 mini-note PCを見てきた

 USB切り替え機を買うのが本題だったのだが、hewlett packardのhp2133 mini-note PCも見てきた。言われているように、キーボードがまともなのがいい。Mini noteの多くはキーボードの作りがおざなりで、タイプするとひっかかりを感じるものすらある。hp2133はサイズもさることながら、ストロークもある程度確保されているのが良い。ただ、写真では上下方向にキートップが窪んでいるように見えたが、現物はほぼ平面だった。慣れもあるだろうが、キートップは少し窪んでいた方が打ちやすいと思う。

 USB切り替え機は、elecomのUSH2-24SSVを買ってきた。切り替え機自体は特に問題なく使えているが、PCで少々問題が起きた。マウスが最低一台は繋がっていないと、マウスポインタが消えてしまう。PCからMacに切り替えた時点でマウスポインタが消失し、MacからPCに切り替えても元に戻らない。
 これを避けるには、マウスをひとつ繋ぎっぱなしにすれば良い。すっきりしない解決だが、この一件を除けば不都合は起きていない。

Jul 11, 2008

PC復旧

 火曜日に立ち上がらなくなったPC、ブートできていた時点と同じ構成に戻してみたところ、無事に立ち上がるようになった。

 元はPCからelecomのUSB hub、U2H-J4SL経由でKensingtonのトラックボール、orbit opticalをつないでいた。メインがMacになったので、トラックボールをMacに移して、PCにはhub経由でsanwa supplyのホイールマウスをつないだ。

 これを元に戻したところ、ブートできるようになった。こんな些細なことで、ブートできなくなるとは少々意外だ。トラックボールはMacで使いたいので、PCはホイールマウスで使いたい。そこで、マウスをHubを経由させずに、PC本体に直接接続するようにした。これで、とりあえず問題なく使えている。

 不具合の原因はUSB hubにありそうな気もする。このhubでは以前にも不具合があった。ACアダプタを繋いでセルフパワードにしたところ、PCに電流が逆流する現象がみられた。PCの電源を落としても、CPUファンが回り続け、ATAのアクセスランプが薄ぼんやりと点灯し続けるのだ。気持ちが悪いので、セルフパワードでの運用はやめたが使用自体を考え直すべきなのかもしれない。

Jul 08, 2008

PCがご機嫌を損ねたようで

 帰宅してデスクトップPCを立ち上げようとしたら、ブートしない。

 メモリチェックまではされるが、HDDアクセスランプが点きっぱなしで、ブートシーケンスが先に進まない。BIOSにも入れない。スリープ状態のまま放っておいたので、今朝の雷でやられたのかな。

 作業環境はおおむねMacに移したが、Mac miniのHDDは100GBしかないので、多くのデータがまだ、このデスクトップPCに入っている。windows PCはthinkpadもあり、必要な環境はこちらにも構築してある。最重要のデータは自動的に多重化してあるのだが、こちらのHDDも40GBしかないので、コピーしてあるデータは最小限だ。当座は困らないが、前回のクラッシュから高々二年で、またもデータを失うのは、かなわないなあ。

遊手徒食;HDDクラッシュ (>_<)(May 14, 2006)

 前回の経験から、PCにはドライブを二台積んで、CドライブのデータをDドライブにコピーするようにしていた。Dドライブが生きていれば、ほとんどのデータは救出できるが、BIOSに入れず、CDからも立ち上がらない。次はCドライブの電源を外してCDからのブートを試してみたいが、日が変わろうとするこの時間からケースを開けるのもなあ。

 現状Macはバックアップなしで運用しているが、少々不安になってきた。10.5を入れて、自動でバックアップさせようかな。

Jul 06, 2008

Apple Keyboard (US)からHHKB lite2 for Macに変更

HHKB lite2 for Mac

 注文してあった、PFUのHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac(PD-KB200MA)が到着した。PCで長い間HHKB Liteを使っていたので、このサイズ、この配列に指がなじんでいる。Lite2には独立したカーソルキーが付いているが、今のところ全く使っていない。Liteと同じく、Fnとコンビネーションで操作している。

 キータッチを比べてみると、Liteよりクリック感が強いように思える。ラバードームが座屈するのが伝わってくるようで、少し違和感がある。ただ、Liteは7年も使ったので、経年劣化もあるのだろう。元はこういう、弾むようなキータッチだったのかもしれない。

 HHKB LiteはHHKB professionalでリプレイスするつもりでいたのだが、今回急にキーボードが必要になったので、再びLiteとなってしまった。キータッチはprofessionalの方が好みだが、キーボードに2万円はなかなか出ない。

Apple Keyboard (US) 左の写真はHHKB Lite2が到着するまで使っていたApple Keyboard (US)だ。名古屋ではMac版を全く見かけなかったので、通販で取り寄せた。Mac版は、キートップがMac仕様になっていることと、CD ejectなどをFnキーとのコンビネーションで割り当てられるドライバが添付されているくらいで、ハードウェアはPC用と変わらない。しかし、名古屋でのHHKB lite2の価格は、通販で送料を足したMac版の価格とほとんど差がない。なら、Mac版を取り寄せた方がいいじゃないか、と考えた。
 注文は先週の日曜日で、到着までちょうど一週間かかった。この間、都合一週間Apple Keyboard(US)を使ったが、我慢の連続だった。パソコン付属のキーボードなんて、そんなものかもしれないが、あのキータッチはちょっと許しがたい。横幅も大きく、たいへん邪魔っけだった。Appleのキーボードはデザインはともかく、ユーザビリティは褒められたものじゃないな、と思う。

 HHKBに交換することで必要となる設定はあまりないが、システム環境設定→キーボードとマウスで、修飾キーを変更しておいた方が使いやすい。OSXのショートカットはcommandキーを中心に割り当てられている。カット&ペーストはcommand+C、command+V、Ctrlキー中心のWindowsではCtrl+C、Ctrl+Vで、併用すると指が混乱する。また、commandキーはSPCの横にあって、あまり使いやすくないので、commandとControlを入れ替えた方がいい。ただ、ターミナルではCtrlを使うことが多いので、単純に入れ替えただけでは困ることもあるのだが。

Jul 04, 2008

Mac miniでのOSX、思ったより早い

 windows2000のPCから、Macにメインの環境を移しつつある。Firefoxを入れて、TeXを入れて、OpenOfficeを入れて、おおむねMac miniで用が足りるようになってきた。

 一般に2.5inchHDDの読み書き速度は遅い。windowsでは多くの場合HDDが律速で、CPUよりも、HDD早くする方が体感速度が上がる。Mac miniのHDDは2.5inchだ。windowsでの経験から、きびきびとは動かないだろうと思っていたが、意外にも俊敏に動く。

 大きなデータを読み込む時に転送速度の遅さを感じることはあるが、OSX自体が軽いせいか、使っていてストレスを感じることは少ない。まず、ブートが早いのがいい。コールドブートに43秒、すぐにブラウザを立ち上げて、ブラウザがトップページのレンダリングを終えるまで53秒しかかからない。CPUはcore duo 1.66GHz、メモリは1GBで、intel Macとしては、並以下の構成だ。

 Mac mini導入までメインだった、Athlon XP 1.7GHz、メモリ1GBのPCでは、windows2000のブートに2分33秒、ブラウザが立ち上がるまで2分58秒かかる。同じハードにインストールしてある、ubuntu Linux 8.04だと、ブートに1分21秒、ブラウザが立ち上がるまで1分29秒かかる。Linuxとはあまり差はないが、windowsは遅い。数年間使い込んだシステムでもあり、CPUもシングルコアとデュアルコアの違いはある。しかし、たとえデュアルコアCPUに変えたところで、1/3の時間でブートするかどうか。


 体感速度が思った以上に早かった一方で、キーボードとIMは悩みの種だ。以前買ったAppleの英語キーボードをつないだが、タッチが悪くて嫌になる。キーの軸の摩擦が大きいようで、キーを押下するときの抵抗が大きい。キーがスパッと押し込めず、プラが擦れているような感触が指先に残る。また、shiftやCtrlなど、ホームポジションから外れるキーはひっかかりを感じることすらある。現行のやたら薄いキーボードも苦手だが、一世代前の、この真っ白なフルキーも、やっぱり苦手だ。

遊手徒食;Apple Keyboard (US) A1048 (Apr 22, 2005)

そこで、HHKB Lite2のMac版(PD-KB200MA)を注文した。名古屋ではさっぱり見かけないので通販で取り寄せることになった。納期は一週間以上はかかるという。

 また、IMのことえりがアホなのも辛い。windowsではATOKを使っているだけに、落差が大きくて嫌になってしまう。かといって、二ヶ月間隔でATOK買うのもあほらしいしなあ。

 OSも10.5に上げたい気はするが、あれもこれも手を出すと、安く買ったのがチャラになりそうだ。予算はまだ余っているが、zuiko digital 50mm macroを狙っているので、あまり無駄遣いはできない。

Jul 01, 2008

イー・モバイルのデータカードを契約、スピードテストをしてみた。

イー・モバイルD02HW

 Mac miniと一緒に買ってきた、イー・モバイルのモデム。かさばるような大きさではないが、USBケーブルでぶら下がるのはスマートではない。イー・モバイルからはPCカードモデムも供給されているが、スロットからの突出が大きく差しっぱなしでの持ち運びは無理だ。いちいち抜かねばならないでは、USBモデムと変わらない。

 willcomには、AH-H407Pや、WS014INのように、PCカードスロットに完全収納できるモデムカードがある。もしそういうカードがあれば、PCカードの行く末に目をつぶってでも、そちらを選んだのだろうが、あいにく迷わせてくれるほどのプロダクトが用意されていない。特に迷うこともなく、USBモデムにした。

 Mac miniの初期設定にかまけて手つかずだったが、締め日前にスピードテストだけはやってみた。

goo_speedtest

 カタログデータの7.2Mbpsはもちろん、3.6Mbpsにも達しないが、2Mbpsを超えている。充分早い。もっとも、測定を行ったときには、基地局を独占できていた可能性が高いので、これが最高速度なのかもしれない。測定は、ドーナッツ現象と高齢化で活力低下が著しい地方都市の商業地外縁で、夜間に行った。再開発でマンションが建つまでは、Wi-Fiの電波もほとんど飛んでいなかったような場所なので、他にイーモバ利用者がいるとは思えない。東京近郊では、1Mbps以下が常態となっているようだが、それがこの片田舎まで波及することはなさそうだ。

 さて、契約プランは「ライトデータプラン」の「にねん」、ミニマムチャージが2,980円、93,400パケット(11.4MB)が無料で、6,480円が上限のキャップ制。合計52.1MBの転送で、上限に達する。今回試したスピードテスト一回で、7MB転送される。Yahooのトップページは300-500kBはある。ちょっと使えば上限額取られると考えたほうがいい。

 外での通信に6,500円は高いな、と思うが、ADSLをイー・モバイルに切り替えることで、固定の通信料を削れる。イー・アクセス網を使った、「ADSLセットサービス」があり、ライトデータプラン以上のデータ通信プランでは、ADSLが無料で利用できる。
 現在ACCA網を使った@NiftyのADSLに3,500円ほど払っているが、これが削れる。イー・モバイルのワイヤレスモデムを全く使わなければ、負担はゼロ。使っても3,000円ほどで済む計算だ。

 ちょっと使えば上限課金というのは、頂けないが、使わないときに負担がないのはいい。また、上限といっても、実質3,000円の負担なら、我慢できる範囲だ。

 これと比べると、スマートフォン向けの定額制は高い。X01NKの「パケットし放題PCサイトダイレクト」だと、ミニマムチャージこそ980円だが、15MB転送しただけで、9,800円かかる。iPhone向けの「パケット定額フル」は5,985円の定額制だ。

 smarphoneで見られる程度で、一万円も取られてはかなわない。ほぼ一年間smartphoneを使ってみて、smartphoneの限られたリソースや小さなスクリーンでは、webを満足に使えないことがよくわかった。iPhoneはその点かなり良いようだが、PCを代替できそうにはない。

遊手徒食;プリペイド型通信サービス「EMチャージ」(Mar 06, 2008)

遊手徒食;ウィルコムの「新つなぎ放題」(Feb 19, 2008)

遊手徒食;PHSカードを買った Netindex AH-H407P(May 05, 2006)

« June 2008 | Main | August 2008 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ