« イー・モバイルのデータカードを契約、スピードテストをしてみた。 | Main | Apple Keyboard (US)からHHKB lite2 for Macに変更 »

Jul 04, 2008

Mac miniでのOSX、思ったより早い

 windows2000のPCから、Macにメインの環境を移しつつある。Firefoxを入れて、TeXを入れて、OpenOfficeを入れて、おおむねMac miniで用が足りるようになってきた。

 一般に2.5inchHDDの読み書き速度は遅い。windowsでは多くの場合HDDが律速で、CPUよりも、HDD早くする方が体感速度が上がる。Mac miniのHDDは2.5inchだ。windowsでの経験から、きびきびとは動かないだろうと思っていたが、意外にも俊敏に動く。

 大きなデータを読み込む時に転送速度の遅さを感じることはあるが、OSX自体が軽いせいか、使っていてストレスを感じることは少ない。まず、ブートが早いのがいい。コールドブートに43秒、すぐにブラウザを立ち上げて、ブラウザがトップページのレンダリングを終えるまで53秒しかかからない。CPUはcore duo 1.66GHz、メモリは1GBで、intel Macとしては、並以下の構成だ。

 Mac mini導入までメインだった、Athlon XP 1.7GHz、メモリ1GBのPCでは、windows2000のブートに2分33秒、ブラウザが立ち上がるまで2分58秒かかる。同じハードにインストールしてある、ubuntu Linux 8.04だと、ブートに1分21秒、ブラウザが立ち上がるまで1分29秒かかる。Linuxとはあまり差はないが、windowsは遅い。数年間使い込んだシステムでもあり、CPUもシングルコアとデュアルコアの違いはある。しかし、たとえデュアルコアCPUに変えたところで、1/3の時間でブートするかどうか。


 体感速度が思った以上に早かった一方で、キーボードとIMは悩みの種だ。以前買ったAppleの英語キーボードをつないだが、タッチが悪くて嫌になる。キーの軸の摩擦が大きいようで、キーを押下するときの抵抗が大きい。キーがスパッと押し込めず、プラが擦れているような感触が指先に残る。また、shiftやCtrlなど、ホームポジションから外れるキーはひっかかりを感じることすらある。現行のやたら薄いキーボードも苦手だが、一世代前の、この真っ白なフルキーも、やっぱり苦手だ。

遊手徒食;Apple Keyboard (US) A1048 (Apr 22, 2005)

そこで、HHKB Lite2のMac版(PD-KB200MA)を注文した。名古屋ではさっぱり見かけないので通販で取り寄せることになった。納期は一週間以上はかかるという。

 また、IMのことえりがアホなのも辛い。windowsではATOKを使っているだけに、落差が大きくて嫌になってしまう。かといって、二ヶ月間隔でATOK買うのもあほらしいしなあ。

 OSも10.5に上げたい気はするが、あれもこれも手を出すと、安く買ったのがチャラになりそうだ。予算はまだ余っているが、zuiko digital 50mm macroを狙っているので、あまり無駄遣いはできない。

« イー・モバイルのデータカードを契約、スピードテストをしてみた。 | Main | Apple Keyboard (US)からHHKB lite2 for Macに変更 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ