« 非通知ワン切り対策ならず | Main | SBM、パケット定額フルを再改訂、下限額が1,029円に »

Aug 25, 2008

パラレルATAの終焉

  OSX 10.5のTime Machine用に外付けHDDドライブ欲しいな、とHDDを見に行ったら、2.5inch パラレルATAのドライブは、80, 120, 160GBの三種類しかなくなっている。これより大きな容量、早い回転数のドライブは、sATAしか用意されていない。

 AKIBA PC Hotlineの価格調査でも、パラレルATAのドライブは調査対象から外れている。

■HDD/SSD最安値情報【調査日:2008年8月21日】

 どうやら、ATA133は終わりを迎えているようだ。


 パラレルATAのHDDを探したのは、USB2.0対応のケースが空いていたため。

遊手徒食; 2.5inch HDD - CF変換基板 KRHK-CF2.5IDE(Dec 21, 2007)

 Mac miniのIEEE1394ポートが空いているので、1394対応のケースに買い換えようとも思ったが、1394対応のケースはほとんど見あたらなかった。販売店で聞いたところ、ちょうど返品したところだという。検索してみると、去年の夏に 1394対応ケースがアウトレット販売されたという記事が見つかった。

ロジテック、1479円で買える耐衝撃ポータブルHDDケース――Web限定販売(ITmedia)

 IEEE1394は、パラレルATAに一歩早く終焉を迎えていたようだ。パラレルATA HDDもモノがなくなってしまってはどうしようもないので、最大容量の160GBのドライブを買ってきた。HGSTのHTS541616J9AT00、6,270円。ちょっと前に買った、sATA 3.5inchのHDP725050GLA360は、500GBで5,880円だった。容量単価で比べると割に合わないが、3.5inchだと別途ACアダプタが必要なのが億劫で。

 Time machineでのバックアップは、初回80GBのバックアップに2時間10分かかった。まあ、こんなもんかなあ。Thinkpadだと、30GBのバックアップに3時間ぐらいはかかるので、それよりは早い。一時間ごとにバックアップが更新される。このときバックアップのプロセスが走るのは数十秒。間隔はもっと長くてもいいと思うが、GUIからは指定できない。

« 非通知ワン切り対策ならず | Main | SBM、パケット定額フルを再改訂、下限額が1,029円に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ