« 東芝製microSD、けっこう早い。 | Main | Thinkpad X40にBluetoothを入れる »

Aug 12, 2008

「Micro FourThirdsの狙い」は解るが…

 狙いはわかるのだが、前途多難な気がするなあ。

 FourThirdsは銀塩フィルムと異なる撮像素子の諸特性に合わせて理詰めで構築されたシステムだ。むろん商業ベースに乗る以上、市場性を睨んだ妥協からは逃れられないが、銀塩フィルム用システムを流用したSLRシステムと比べるとその度合いは少ないように思う。

 撮像素子への適合を念頭に設計されたためか、Fourthirdsレンズはよく写る。大きさ、重さ、価格が現実的な、ZUIKO Digital High Gradeシリーズでも描写は良好だ。ボディは水準でしかないが、これがあるからこそFourThirdsを使っているようなものだ。

 Micro FourThirdsではどうだろうか?

【インタビュー】オリンパスに聞く“マイクロフォーサーズ"の狙い(デジカメWatch)

 マイクロフォーサーズでも、まずレンズありき、との思想が示されている。レンズでは後処理のしにくい収差を重点的に補正し、画像処理が有効な収差はそちらで始末する、という方法も実用化されつつあるが、こちらの考え方の方が好みだ。銀塩でもレンズの描写でカメラを選んできた。

 記事の中で興味深かったのは、発色とセンサーへの光束入射の質に関係があるとの次の一節だ。

たとえばオリンパスブルーと言われる深みのある青空の描写。あのような色を引き出せるのは、センサーに理想的に光が導かれているからです」

 発色なんてのは、レンズやカラーフィルターの分光特性と、後処理が全てだろうと思っていたが、どうやらそれだけではないようだ。フォトダイオードでの光電変換特性が、振動数とリニアでないことが関係しているのだろうか。少し考えてみるだけでも、なかなか面白い。


 それはともかく、、
 MicroFourThirdsの狙いは、FourThirdsで不徹底だったシステムの小型化をやり遂げる点にあると理解している。6年前の2002年9月の時点では、クイックリターンミラーを排して、EVFもしくはライブビューのみで実用的なカメラシステムを構成できなかったはずだ。最初に「FourThirdsは妥協が少ない」としたが、ここには妥協があった。しかし、5年間の撮像素子の進歩によって、ミラーボックスの排除が現実的なものになった。
 FourThirdsはいい意味でも、悪い意味でもLegacyに後ろ髪を掴まれていない。マウントを立ち上げてから高々五年に過ぎず、売り上げ的にはさして見るべき成果を上げていない。技術的な条件がそろった時点での、ミラーの排除とバックフォーカスの短縮は必然だったのかもしれない。

 とはいえ、EVFを用いたシステムがミラーを用いたSLRをすぐに凌駕できるとは思えず、ボディの性能ではおそらくこれからも苦労させられると思う。しかし、Lens orientedであることが標榜される限り、FourThirdsにつきあってみようと思う。銀塩でもレンズの良さを買ってCONTAXを使っていたもんな。

« 東芝製microSD、けっこう早い。 | Main | Thinkpad X40にBluetoothを入れる »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ