« ソフトバンク814T、評判通りヤワだなあ。 | Main | 3G-WiFiルータ PHS300 »

Aug 01, 2008

OSX 10.5 Leopard導入、バックアップ用ストレージをどうするか

 当分OSX 10.4 Tigerで使う予定としていたが、10.5 Leopardを導入してしまった。10.5でないと動かないアプリがあったので、やむを得ず、といったところ。

 新しいOSに変えることで、重くなったら困るな、と思っていたが、使用感は10.4と変わらない。さしてパワフルなハードではないが、きびきびと動く。ただし、ブート時間53秒から75秒と少々長くなった。また、HDDの残り容量が25GBを切ってしまったので、いずれHDDの交換が必要になるかもしれない。メインのPCのHDDが100GBというのは、いかにも少ないなあ。3GBほど消費するということなので、開発環境のXcodeの導入は見送った。

 OSXの今回の目玉はTime machineだ。バックアップには外付けドライブが必要だが、USB HDDにするか、NASにするか迷っている。USB HDDなら、2.5inch ATA HDDの外付けケースが余っているので、適当なHDDを買ってくればいい。今だと160GBが6,000円ぐらいで買えるはずだ。

遊手徒食: USB接続のHDDへバックアップ(Jul 15, 2005)

 NASはというと、Time machineに対応できのは、AppleのTime capsuleに限られる。こちらは500GBで35,800円、1TBで59,800円。それなりに高い。そのへんのNASと違って802.11nのベースステーションでもあるが、そちらは全然必要ないんだよなあ。

« ソフトバンク814T、評判通りヤワだなあ。 | Main | 3G-WiFiルータ PHS300 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ