« パラレルATAの終焉 | Main | ソフトバンク、MMS課金体系を変更 »

Aug 26, 2008

SBM、パケット定額フルを再改訂、下限額が1,029円に

 昨日docomoがキャップ制の導入を発表した。

ドコモ、段階制のパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」(ケータイwatch)

 「パケ・ホーダイ ダブル」を一般端末でi-modeのみで利用した場合、1,029円スタートで4,410円がリミットとなる。従来は4,095円の定額だったので、上限額は値上げとなった。smartphoneは「Biz・ホーダイ ダブル」が適用される。1,029円スタートで5,985円がリミットとなる。別途モペラのISPサービスが必要だ。

 SBMで「Biz・ホーダイ ダブル」に相当する「パケット定額フル」は、iPhoneとXシリーズのSmartphoneに適用される。当初、5,985円の定額制だったが、iPhoneの販売不振を受けて、8月5日付けで、1,695円スタート、5,985円リミットのキャップ制に変更された。8月請求分から適用される予定だった。


iPhone向け「パケット定額フル」改定、2段階制で月額1695円〜
(ケータイwatch)

 キャップ制への改訂は今月5日に行われたが、今回さらに再改訂された。


ソフトバンク、「パケット定額フル」下限額を値下げ
(ケータイwatch)

 下限額が引き下げられ、1,029円スタートで5,985円リミットに変更された。27日から受付開始で、既契約者には8月分より適用される。つまり、値下げ前の「パケット定額フル」は、誰にも適用されなかった。こうも頻繁に改訂されると、改訂前の1,695円の根拠は何だったの? と言いたくなる。

« パラレルATAの終焉 | Main | ソフトバンク、MMS課金体系を変更 »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ