« オリンパスオンラインショップでアウトレットセール再び | Main | Panasonic DMC-G1、小さい気もしてきた »

Sep 12, 2008

Micro Fourthirds Panasonic DMC-G1、思ったほど小さくない。

パナソニック、初のマイクロフォーサーズ機「DMC-G1」(デジカメWatch)

 Micro Fourthirdsの初号機、Panasonic LUMIX G1が発表された。

DMC-G1|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

 まず気になるのは、どれぐらい小さくなったかということ。一眼レフで最も小さなE-400シリーズと比べてみた。

Dmcg1_e410_2_2

 シルエットは、OLYMPUS E-410と標準ズームの14-42mm F3.5-5.6だ。液晶ディスプレイの面で位置をあわせた。

Dmcg1_e420_3

 こちらはE-420。底面で位置をあわせた。

 全体的にはひとまわり小さい程度だろうか。フランジバック短縮の効果でマウント基部の突出がなくなり、レンズ先端までの奥行きは短くなったが、劇的に小さいとは言いがたい。グリップ部分はE-410のシルエットから突出している。期待していたほど小さくはない。

 グリップといい、ペンタプリズム風のEVFといい、一眼レフの記号をそのまま取り入れたデザインで、小さなサブカメラを期待していた当方にとってはあまり興味を惹かれない仕上がりだ。

 ただ、ローエンド機にはいかにも一眼レフらしい外観が必要なのかもしれない。量販を狙うなら、消費者の固定観念に迎合した方が販売上都合がいい。この場合、個性的なデザインはむしろマイナスになる。一眼レフを買うつもりで来店した顧客の固定観念を崩すところから話を始めなければならない。E-420にはなかった手ぶれ補正もあり、EOS kissの購買層を狙ったパパママカメラと考えると、こんなものかという気がする。kiss X2は初値10万、Fが7万。画素数はX2とほぼ同じ、価格は9万でX2の下、Fの上だ。

 レンズはLeica名義ではなくLumix名義で価格も安い。広告戦略からもサブカメラを求める層は相手にしていないように見える。そういう人は、DMC-LX3を買ってくれということなのかな。

« オリンパスオンラインショップでアウトレットセール再び | Main | Panasonic DMC-G1、小さい気もしてきた »

DSLR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

こんばんは、ズイこれから流れてきました。
大きさはネオ一眼のS9000と同じくらいですね(手元にあるので、見比べてみました)。
G1のコンセプトに関しては私も同じ意見です。まずはこの分野を広げることが第一と考えるのはわからないでもないです。
基本性能はよさそうなので、今後に期待してます。

ohkujiraTさん、コメントありがとうございます。
私も13日付けエントリーでネオ一眼と重ねてみました。
ほとんど同じ大きさですね。G1のコンポーネントを生かした派生機に期待したいと思います。

The comments to this entry are closed.

« オリンパスオンラインショップでアウトレットセール再び | Main | Panasonic DMC-G1、小さい気もしてきた »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ