« ZUIKO digital ED50-200mm test shot | Main | テーブルタップ型USB hubと、USB接続の無線LANアダプタ »

Oct 04, 2008

ソフトバンク、手動受信時の受信通知を94文字から50文字に削減

 ソフトバンクは10月1日よりメール手動受信時の受信通知を94文字から50文字に減らした。

 受信通知はJ-Phoneの頃には「先行受信」と呼ばれていたサービスで、メール冒頭の全角192文字相当までが無料で端末に届く。192文字以降を読む場合は、別途読み取り料がかかるしくみだった。3Gへの移行、ソフトバンクへの買収を経て、順次減らされ、今回50文字まで減った。

サービス仕様変更および料金改定のお知らせ(2008年9月5日)

Mms_before  Mms_after

 左が変更後、右が変更前である。同じ送信元からのメールマガジンを引用、左は二画面を合成した。以前は受信通知だけでおおむね内容を把握できていたが、ここまで減ると何のことやらわからない。

 ケータイ同士のメールはIMのように短文をやりとりすることが多く、全角100文字もあれば全文送受信できてしまう。長文のメールを読む時には、続きを読むのにひと手間かかってしまうが、spamメール等いらないメールにパケット代がかかることもない。なかなか便利なサービスだった。

 従来この手動受信がディフォルトだったが、ソフトバンクは2007年3月にメール自動受信をディフォルトに切り替えた。

今度は「メール自動受信」にご用心(IT media +D モバイル)

 この時も随分非難の声が上がったが、ユーザー自身が手動受信に設定すれば、以前と同じように使うことが出来た。ところが今回の変更では無料で送信される文字数が減らされたため、先行受信はほぼ実用性を失った。目立たないところで少しずつサービス内容を劣化させ、有料サービスの利用に誘導してゆくあたり、いかにもソフトバンクらしい遣り口だ。毎度のことではあるのだが、実際当事者になってみると気分が悪い。

« ZUIKO digital ED50-200mm test shot | Main | テーブルタップ型USB hubと、USB接続の無線LANアダプタ »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ