« 買った途端に見つかった。ケータイ用イヤフォンジャックアダプタ | Main | FinePix F200EXR発表、UIの改善は羨ましい »

Jan 29, 2009

日立型1.8inch HDDと同形状のSSDがようやく出た。Photofast G-Monster-1.8"IDE32GB

 SSD, solidstate driveってのは、フラッシュメモリを用いたディスクドライブのこと。内蔵型のUSBメモリと理解してもらうのが早い。PC内部に組み込むので、USBメモリと違ってコネクターの種類が何種類もある。手持ちのThinkpad X40で使えるSSDは、これまで市販されていなかった。

 今回、待っていたものがようやく発売された……のだが、遅いってば。ひと月早く出てくれれば良かったのに。

日立型の1.8インチSSDが発売に(akiba watch)

 1.8inchのATA HDDのコネクタは、把握しているだけで4つのバリエーションがある。

Toshi03
 東芝IDE

Ibm
 日立GST ATA

Tos2_1
 東芝 LIF

Hgst01
 日立GST ZIF

 シリアルATAは別としても、4種類もある。PCでよく使われていたのはZIFとLIFだ。そのせいもあって、市販の1.8inch型 パラレルSSDは、ZIFやLIFコネクタの製品しか販売されておらず、日立ATAタイプのPCには、変換基盤を通してZIFのドライブを組み込むしかなかった。余分なスペースが必要なので、改造が必要になる。もしくはCFアダプターを使うか。


2.5inch HDD - CF変換基板 KRHK-CF2.5IDE
(Dec 21, 2007)

 CFはサイズが小さい分、組み込みが簡単だが、読み書きの速度が遅い。SLCチップを用いた高速な製品もあるのだが、8GBが上限だ。16GBはMLCの低速品ばかりで、早い製品は見当たらない。CFアダプタは一年前に確保しておいたが、乗り換えには至らなかった。ディスクの速度が必要だが、8GBでは容量が足りないからだ。

 年末年始にかけて、.NET Frameworkのプログラミングをしていたのだが、コンパイル時にずいぶん待たされる。ディスクがボトルネックになっているようなので、SSDが欲しかった。、一時は16GBでも比較的早い部類のSandisk Extreme IVの導入を真剣に考えていたが、これではHDDとどっこいの速度しか出ない様子。時間とカネをかけて変化なしでは、かなわないので、HDDの遅さに悩みながらも開発を終えた。

 で、開発したソフトを使ってのデータ解析も終わった今月末になって、日立ATA仕様のSSDが発売された。あとひと月早く出ていれば、ずいぶん助かったのになあ。タイミングの悪いこと。
 
 なお、X40への取り付け方法や、トラブルシューティングはThinkpad clubのこちらのトピックが参考になる。
Thinkpad club - 1.8inch 日立 IDE 仕様、SSD 登場です♪

PhotoFast SSD 1.8 IDE 32GB MLC Read80MB Write45MB BOXパッケージ 1年保証 PF18Z32GSSDIDE
PhotoFast SSD 1.8 IDE 32GB MLC Read80MB Write45MB BOXパッケージ 1年保証 PF18Z32GSSDIDE

こっちは64GB版
PhotoFast SSD 1.8 IDE 64GB MLC Read80MB Write45MB BOXパッケージ 1年保証 PF18Z64GSSDIDE
PhotoFast SSD 1.8 IDE 64GB MLC Read80MB Write45MB BOXパッケージ 1年保証 PF18Z64GSSDIDE

« 買った途端に見つかった。ケータイ用イヤフォンジャックアダプタ | Main | FinePix F200EXR発表、UIの改善は羨ましい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ