« クリップオンフラッシュFL-36 | Main | ようやくE-620を見てきた »

Apr 09, 2009

USBメモリーカードリーダの修理

 このところ調子が悪かったUSBメモリーカードリーダのUSB2-W12RW、先日ついに、SDカードを差してもカードを認識しないようになってしまった。CFならきちんと認識しているので、故障したのはSDカードスロットのようだ。しばらく古いカードリーダで凌いでいたが、読み込み速度の遅さが気になる。

遊手徒食; メモリカードリーダライタを買い換えた。MR-DU2A7→USB2-W12RW(May 27, 2007)

 高いものではないので買い替えようかと思ったが、故障の原因が物理的なもの、たとえば、コネクタ部のハンダ割れであれば修理できるかな、と考えて分解してみた。

 point open

 マイナスドライバで示した接点で、カードの挿入を検出しているようだ。

point close

 SDカードを挿入すると接点が閉じる。この接点が汚れてカード挿入を認識できなくなっているのではないかと考え、接点を軽く磨いてみたら、あっさりと直った。半田ごての出る幕すらなかった。


I-O DATA USB2.0/1.1接続 33メディア対応マルチカード リーダー・ライター USB2-W12RWK/B
I-O DATA USB2.0/1.1接続 33メディア対応マルチカード リーダー・ライター USB2-W12RWK/B

ultra DMA対応の後継モデル。

« クリップオンフラッシュFL-36 | Main | ようやくE-620を見てきた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ