« Bluetoothヘッドセット買い替え、Jabra BT125からBT8040へ | Main | OSX 10.6 Snow Leopard導入 »

Aug 27, 2009

SHARP Netwalker PC-Z1

 intelが言うところの、MID(Mobile Internet device)に相当する製品が日本でも出てきた。

シャープ、モバイルインターネットツール「NetWalker」発表会

 外出先でもネットを使いたいが、ノートPCを持ち運ぶのは辛い。こういうデバイスを待ち望んでいたのだが、Netwalker PC-Z1はワイヤレスWANモデムを内蔵していない。

 担当者へのインタビューでは、Netbookが持ち出されない理由を次のように分析している。

「ネットブックは新たな市場を開拓したのは周知の通り。だが、重い、大きい、バッテリ駆動時間が短いという理由などから、ほとんどの人がモバイルで利用しているとはいえない。それは、電車のなかや、カフェなどでネットブックを利用している人が少ないことからも明らか。ネットを利用するモバイル端末としての購入ではなく、安いPCとして購入している人が多い」
新ブランドを引っ提げて、MID市場に参入したシャープの思惑(大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」)

 重い、大きいと、ハンドリングの悪さを挙げている。バッテリ駆動時間の短さも持ち運びを不便にする。ACアダプタを必要とするからだ。本体に加えてコードのからみついたACアダプタを持ち運ぶのは面倒だ。外付けUSBモデムにも同じことが言える。通信を外付けモデムに依存する点も、ハンドリング上、不利になる。

 この点は、PC-Z1でも解決されていない。

 iPhoneは割り切りを旨とするAppleの設計思想を色濃く反映しており、欠点も少なくない。しかし、モデムは内蔵している。通信速度が遅く、エリアに問題があり、コストは高いが、それでもあるとないとでは大違いだ。PC-Z1のキーボードと高解像度液晶と、iPhoneの内蔵ワイヤレスWANを天秤にかければ、私はモデムを取る。

 何度も検討を重ねたというBluetoothは、今回の製品ではすっぱりと搭載を見送っている。

 「もし、Bluetoothが必要という声があれば、次期モデルでの搭載を検討したい。まず、先行して製品を投入することで、ユーザーから多くの意見をいただき、それを先行的に次期製品に採用するというサイクルを作りたい。モニター制度も実施したい」とする。

 ケータイでのダイアルアップ接続が現実的な価格で提供されていない以上、Bluetoothの必要性は低い。それよりも、ワイヤレスWANの優先順位の方がよほど高い。


 また、記事中にこんなコメントがある。

「他社がやらないものに先行して取り組む、シャープらしさが出た製品」

 他社に先行との主張には、「日本国内では」との但し書きが必要だ。
 同様の製品は既に存在している。PC-Z1をLinuxベース、Firefoxプリインストールでキーボード内蔵のMIDと解釈すれば、2007年末に発売されたNokia N810と大差ない。

NOKIA N810ファーストインプレッション(塩田紳二のPDAレポート)

 残念ながらN810もワイヤレスWANモデムを内蔵していない。興味はあったが、手を出さなかった最大の理由はそこにある。N810から二年が経った。当時はワイヤレスWANの欠如を、いくつかある難点の一つと感じていたが、現時点では最大の欠点と感じる。通信手段が組み込まれていない「モバイルインターネットツール」には、ほとんど魅力が感じられない。

« Bluetoothヘッドセット買い替え、Jabra BT125からBT8040へ | Main | OSX 10.6 Snow Leopard導入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ